直感と思って行動して間違いを起こす人

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

やけに行動が早いな~
よく動くな~

って思える人。
その一部の人は大きな過ちを犯してしまいます。

なぜなのでしょう・・・?

行動力があって素晴らしいのに・・・

僕が思うに価値観が低いのではと考えています。
価値観って物事を決める尺度。

つまりは、物差しみたいなものです。

その物差しが短ければ、それ以上のことを測ることは出来ません。
短い物差しで判断するしかないんですね。

すると、大きな事を理解できずに行動をしてしまい
うまくいかないってことになるのではと思います。

ある意味、過信・・・ではないかと思いませんか?

では、それを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?
僕的には

まずは、状況をじっくりと俯瞰すること
だと思います。

僕自身も危うい行動をとりがちと周囲からは思われていますが
実はかなり前から考えていることでもあるんです。

また、興味があって知りたければ早めに知る。
こういう時の行動はメチャ早いです。

だって、知らないって怖ので。

僕の場合そんなに大きな失敗という失敗がなかったのには
多分ですが、沢山の現場の人と直接話を聞いているからだと思います。

人の話をまずは良く聞くです。

否定するとか、上から目線で聞くのではなく
この方は何を思って話をしているのか?

それを理解したいという気持ちで話を聞く。
そうなると当然質問も出てきますので、より深く聞くことができますからね。

人の話ってすごく面白くって
自分が見たことも経験したことも無い事を擬似的に体験できるいいチャンスなんです。

そして、話をしてくれている人がなぜそう成ったのか?

話を聞きながら徐々にその背景や価値観が観えてきます。

また、話を聞きながら感じる価値観が高ければ高いほど自分の価値観の低さに気付かされます。

それは、年下だろうが、上だろうが同じです。
僕よりも10も年下の人の話でも勉強になることが沢山あります。

直感ってすごく重要ですが
そういった価値観の元に下された直感に限りで

物事がうまくいかない人の直感は「早とちり」
という言葉の方がしっくりきます。

じゃあ、直感が鋭いひとはどんな人なのか・・・?

僕的には
自分のやりたいことをやりたいようにやっているように見える人。

そういう人が直感が冴えている人だと思います。

また、自分の弱いところをよく知っている人。

そういう人って、本能的に危険回避しているように思います。
そして、弱いところは慎重に判断しているように見えます。

物事が上手くいっていない・・・
そんな時は自分自身をもう一度振り返ることから再スタート
そういう気持ちが必要なのかもしれませんね~。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧