プロがまず知らなくてはいけないシャンプー選びの現実とのギャップ!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

沢山の美容業界人とお話ししていると現実と理想とのギャップに驚かされることがあります。
実際には、僕が今深く関わらせて頂いている美容師さん達とのギャップ。

時々信じられない!
そう思うことがあります。

今回はその一つ
シャンプー選びについて記事を書きました。

美容室にはディーラーやメーカーの営業マンの方が様々なシャンプーを紹介しています。
特に新商品などは頻繁に紹介されていることと思います。

そんな、新商品の紹介の時に大きく分けて2者の美容師さんがいます。

まずは一人・・・
シャンプーを紹介された瞬間に
「それいくら?」

先ずは、それを気にする美容師さん。

そして、もう一人が
シャンプーを紹介された瞬間
「成分表見せて!」

これが現実問題美容室現場で起きています。

特に前者の美容師さん(値段を先ずは気にする)が結構多いと聞きました。

僕的にかなりショックといいますか、ガックリしましたね~(涙)

なんで初めに価格なの?って。
価格よりも成分構成でしょう!って。

本来はどのような特性を持ったシャンプーなのかを知ることが重要なのではないでしょうか!?

これは、まだ美容師さんがシャンプーというものがどういうもので
自店にはどのようなシャンプー剤を取り揃えておけば
既存のお客さんの殆どをカバーできるのかを分かっていない。

そう思えてなりませんでした。

言い方は非常に失礼ですが
素人と大差ないレベルでシャンプー剤を捉えている感じがしました。

これではせっかくメーカーさんが試行錯誤してシャンプーを作っても売れるわけがありません。
結局売れるのは安かったり、匂いやボトルデザインが目をひく感じのもの。

中身なんて二の次。

こういう判断をしているために
若年層の薄毛が増えたり、美容室でシャンプーを買わないのではないでしょうか?

シャンプーを紹介する側がシャンプーに対する完全なる知識不足!
これが現実なんですね~。

僕はいつも思うのですが
シャンプー剤は美容師さん自身の分身
であるべきなんです。

アフターケアでどれだけ頭皮や髪のコンディションが違ってくるのか?
ヘアスタイルの持ちがどれだけ変わるのか?

分かっているはずなのに・・・

これは、無責任な放置ではないでしょうか?

髪型を作ったらそれで終わり。
あとはお客さん任せ。

再来店の時にもしもカラーの持ちが悪かったら・・・
「市販のシャンプーだと洗浄力が高くって持たないんです~」
・・・なんて、事後報告的な会話をしていそうです。

お客さんは貴重な時間とお金を使って美容室に来ています。
そこに対してプロとしての当たり前の情報提供。

お客さんがいつまでも綺麗でいてくれるために伝えなくてはいけない情報提供。

それをやっていない・・・(涙)
そして、思うんです。

やっていないのではなく知識不足でできないのでは?って。

まだまだ界面活性剤のそれぞれの特徴もほとんど知らないのではないかって。

唯一知っているのが「ラウレス硫酸Na」は良くないっていうぼんやりとした知識。
とか・・・それとも「アミノ酸」がいいて感じで
しかし、アミノ酸系界面活性剤の表示成分名は知らない。

こんな状況では決してお客さんへ適切なシャンプーを提案できるわけがありません。
提案するそのものの特徴を理解できないのですから。

・・・ここまでのショックな記事は、多くの業界人の話を聞いて総合的に判断した上でのイメージです。
実際にはいやいや僕は違うっていう方がたくさんいるかと思います。

そういう方は僕は流石だな~って思います。

シャンプー剤を美容師としてのプライドを持って選べる
そして、お客さんへあなたにはコレ!って言い切れる。

そういう美容師さんを育成することが
考えられたシャンプーが売れる
頭皮頭髪が綺麗な人が増える
薄毛が減る
ヘアスタイルの持ち、または素材の持ちが良くなる

と現状よりも良くなることが沢山あるのではないでしょうか?

もしも、実は・・・自信がないんです~
っていう方は来年のシャンプーソムリエアカデミーに来てくださいね!

関連記事一覧