ブログネタを収集するコツ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日びっくりしてFacebookで今まで約まる4年書いてきたブログ記事数がかなりあったことをシェアしたのですが、ブログを書くとき一番悩むのが何を書こうか・・・です。

この記事ネタってないときはかなりしんどいですね。

僕はそんな経験からブログ記事のネタ探しは以外と得意になりました。

当然、読んでいただきたい人が明確なので
こんなことを書いたら喜んでくれるんじゃないか・・・
参考にしてくれるんじゃいか・・・
そんな意識は常にあります。

そんな意識をしていると
チョとしたことが記事のお題になっていきます。

つまり、アッ!って思うんです。
このことブログを書こうって。

もう一度言いますが
読んでもらいたいターゲットに常に役立つブログを書こうと思っていると
向こうからネタがどんどん入ってきます。

そうブログネタは「気づき」です。

自分は何も知らない・・・とか
こんなこと書いて・・・とか

そういうことは思わないことですね。

自分はこういうことに気づきがあった。
これってそうなんだ!って思った。

そういうことをもしかしたら自分と同じく知らない人がいると仮定して記事を書いていく。

さらに、美容室であれば美容用語や美容知識を
お客さんにわかりやすく解説してあげるのも良いと思います。

なにげなくかけているパーマプロセスの意味。
ヘアカラーの意味。

こういう専門的なお話を小難しくなく
素人でも理解できるように書く。

どうしてもケミカル用語などを使いがちですが
お客さんに話して通じる言葉で全てを表現する。

すると、実際のお客さんとの会話も伝わりやすくなります。

以前ぼくが消費者にメルマガを書いていること言いましたが
文章だけでプロの知識を素人さんに理解していただくって意外に勉強になります。

そういうことをやっているとネタなんてゴロゴロしていると思いませんか?
多分、パーマだけでも連載もので十記事くらいは書けそうです。

だって、お客さんは言葉自体を知らないので
1つや2つの言葉だけでも1記事は書けると思います。

ですので、こんなの・・・
なんて思わずにあっこれ伝えてみよう!

って、いう気づきを毎日感じていくことが
ブログネタの収集法の一つかと思います。

関連記事一覧