冬場の肌荒れを防ぐ方法その2

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

いよいよカサカサ肌になってきた~
痒みが出てきた~

さあ、もしあなただったらどんな対策をとりますか?

今回は僕なりの見解で
冬場の肌荒れ対策:その2をご紹介します。

通常肌荒れに一番効果的な方法は「保湿」
そんなことを今までブログでも書いてきましたが
実は対策を万全にするには他にも方法があるんです。

ではでは・・・

夏と冬で肌の状態って違いますよね~

例えば夏は保湿感があるのに
冬になるとドライ状態。

この原因が湿度なんですが
もう一つ、夏と冬で明らかに違う状況がありますよね~。

それが、気温。

夏は気温が高いので体温も比較的高め
特に指先、足先の違いが顕著です。

冬場は手が冷た~い。

体が冷えると自律神経が体温を維持しようとして末梢血管を収縮させます。
血管が収縮すると血流が極端に悪くなって結果的に酸素や栄養素が末端まで行きにくくなります。

すると、肌組織が弱くなって肌荒れを起こしやすくなります。
冷え性の人って意外に肌が弱いのはこのせいなんです。

こういったことを回避するためには暖かいかっこうをすることもそうなのですが
僕のオススメは「半身浴」!

僕も基礎体温が下がってきた時には半身浴をして
基礎体温の回復を図ります。

すると数日行っていると徐々に基礎体温が高くなって
結果、肌荒れが少なくなります。

生理痛がひどい方もこの方法で緩和されていきます。

肌荒れ対策
①保湿
②体温を上げる

以上の2点でも随分と違ってきますので
肌荒れが気になりだしたらトライしてみてください。

関連記事一覧