お客さんが着くヒト着かないヒト

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

美容師になってスタイリストになると、その人の実力が顕著に現れれ来ます。
それが、指名客数。

ボクは売上げの数字も大切かとおもいますが
そのスタイリストがお店にとってどれだけ貢献しているのか?

それはお店にそのスタイリストの魅力でお客さんを連れてこれる
明確な数値である指名客数じゃないのかな~って思っています。

通常の客数はお店のブランド力や、お金を使った宣伝により集まるわけですが
指名はその人の魅力勝負!

さあ、そこのスタイリストの方
きっと凄い魅力で沢山の指名を頂いている事でしょうね。

今日はそんな指名について記事を書きたいと思います。
指名が多い人はスルーして
指名が実は少ないんです~って言う方はヒントになるかも知れませんので
読んでみて下さいね~♪

もともと殆どの美容師さんは
美容師になってお客さんを奇麗にしたい!

そんな夢をもって美容師を目指しはじめていますよね。
やる事が無くて手に職をつけた方が・・・っていう動機で始めた方もいますが。

どっちにしろお給料を頂くには

練習を頑張って

テストに合格して

スタイリストになって・・・

っていう階段を上って行きます。

でも、これをゴールとしていないでしょうか?

しか~し!!

はっきり言ってそこ迄は時間をかければ誰でも出来ること。
一定の基準をクリーアーしただけ。

だとは思いませんか?

では、上記図を見ながら解説しますね。

まずはアシスタントの時期がありますよね。
そして遂にスタイリスト!!

これが上記図で言うオレンジ部分の時期です。

この辺りはアシスタントのお店への貢献度も
デビューしたスタイリストの貢献度も一緒くらいです。

それをStylist-Bとしています。

でも、本来スタイリストになったらお店も
Stylist-Aを期待していますよね~。

沢山のお客さんから慕われて、頼りにされて
結果、売上げを上げてくれるってこと。

それを期待してお店はアシスタント時代に時間とお金を投資して
育ててくれるんですね。

でも、Stylist-Aになれない人ってこの事理解出来ないんでしょうね。
逆に、自分自身の力でデビューした!!

・・・なんて、まさか思っていませんよね。

基本、スタイリストにはお店の用意したカリキュラムをこなせば
・・・誰でもなれるでしょう?

これって、自動車免許書で言えば免許を取得しただけ。
つまりは、ペーパードライバーってことです。

だから、美容の仕事でも車の運転でもそこからが本番ですよね。

じゃあ、スタイリストになって何を目指すべきか?
いきなり独立とかはムチャですよ~。

先ず目指す事は自分を指名してくれるお客さんの数を設定することですね。

こう見えてもボクは完全指名でやっていました。
まさか、この方がボクを指名してくれるなんて~!!

え~このモデルの子予約入った~!!

当時はメチャメチャ嬉しかったですし
自分でも何故指名が入ったのか意味が分かりませんでした・・・。

そんなに、技術はなかったですよ~

逆に技術が高ければお客さんが指名してくれるのか?

・・・答えはNO!!

技術が上手でも思った程指名してくれません。

何故か解りますか?

ズバリ!
お客さんは技術は求めていないからです。

自分の魅力を引き出して欲しい
こういうイメージに見せて欲しい
ここをこういう風にして欲しい

色々な欲求を形にして欲しくって
美容室へ行っているからです。

ここを技術に自信のある方は勘違いしてしまいがちなんですね。

巧ければお客さんは来る!
感動を与えられる!

これは美容師さん側の思い込みです。

技術はあくまでもお客さんの心を形にする手段。
まあ、女性で言えばその人の望む「女性像」。

その手段の高さは絶対に必要ですが。

それだけ高くてもお客さんの数は増えないんですね。

せっかく大金はたいてスクールに通ったのに・・・
(お店が期待して負担してくれるところもありますが)
指名が着かない。

結局は幾ら勉強をしても
お客さんの心を感じれないと決してお客さんは指名してくれません。

恋愛で言うと
いくらかっこよくても
いい車を持っていても
結局もてないってことと同じです。

具体的な例で言えば・・・

美容業界には俗にいう「ケミカルお宅」といわれる
薬剤の事が凄く詳しい美容師さんがいます。

髪を傷めないパーマとか
もの凄く傷んだ髪に奇跡的にパーマをかける・・・とか
Web上でのケミカル談義で勝った負けたで一喜一憂している・・・とか

でも、こういう人も技術の巧い人と同じく
勘違いをしていると思います。

もう一度言います。

お客さんは上手な技術や優れた知識なんて欲しく無いんです。
なりたい自分、周囲から素敵と思われる自分になりたいだけなんです。

そう言う自分を美容師さんに引き出して欲しくって
美容室へ行くわけです。

では、どうしたらいいのでしょう?

これも答えは至ってシンプル。

お客さんとの関係性を強くする事!

つまりは、人としてお客さんから慕われる
そんな人間関係を築ける自分になることです。

この方法を技術的に学ぶのが「NLP(神経言語プログラミング)」
等のコミュニケーションスキルです。

このセミナーも散々学びましたが
コミュニケーションってこういう事を気をつけると良いんだっていう気づきが沢山ありました。

一時期美容師さん向けにセミナーをしていましたが
お客さんとの関係性ってとっても需要なプロの要素だと思いました。

また、指名されるには、一番シンプルに考えると

目の前のお客さんのことを好きになる事かな~?
そして、その人の中では世界中で一番の美容師になることを目指す。

その気持ちがあればお客さんの事を知る意欲も高くなり
気遣いも今迄以上に出来てくるのかな~って思います。

そうなってくると、お客さんの心を感じれるようになり
その心を形にするための必要な技術や知識を求めるようになって
勉強にも明確な目的を持てるようになって吸収率もあがるのではないでしょうか?

ただし、一時はお客さんにふられて落ち込む事も経験する事になるでしょうね。
知るとどうしても押し付けたくなる方がいますから。

好きな人にふられるって辛いですが
その経験が人に好かれる自分を育ててくれるハズです。

するといつの間にか
予約がとれない美容師になっていることでしょう。

あなたは、どれだけのお客さんに慕われていますか?
技術や知識を得ることだけに満足していませんか?

相手するのはウィッグではなく
感情を持った人です。

プロの美容師は感情を持ったお客さんに評価されて初めて
美容師とう職業を誇れるもの。

僕はそう思います。

関連記事一覧