割安で行くか、品質勝負か!?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

デザインの世界では最近はいいモノを知っている
そんな人がめっきり減ったとのこと。

お陰で、中途半端なデザイナーまがいの人種が増えてしまったそうです。
さらに、消費者は良いデザイン??

そんなの知る余地もなく
結果的に安い業者を選ぶ傾向になって来ています。

しかしながら、その真逆の世界には高価ではありますが
その高品質なデザインを好む方も精力的にデザインにお金をはたいています。

量ではなく質で多数ではなく少数って感じです。

このデザイン業界の価値の低さは美容業界にも徐々に広がりつつあります。
多分、間違いなくそうなってくる事でしょう。

それは、デザイン業界の方が約10年早く変化が始まっていて
その流れは必ず美容業界へ繋がっているからです。

良い例が、社会保険加入。
これも、既にデザイン業界は100%に近い加入率になっています。

美容業界もこの加入への催促が徐々に強くなっています。
そうなると、美容室経営は非常に厳しい状況を迎えます。

材料費、人件費、削れるところは削る。
すると、どうなるでしょうか・・・?

いい材料が使えない
良い人材が集まらない

結果、そこそこの材料で
ある程度の仕事を機械的に出来る人を雇う

そうなると金額も適正価格は難しくなり
安い価格での営業を余儀なくされます。

客単価が低いので、その分集客に力を入れなければ行けなくなります。
しかし、集客に力をいれてもお客が来ない・・・。

何故か?

既に資本力のある大手チェーン店がバンバン宣伝を仕掛けてきます。
量の圧勝です。

最終的に社会保険費を払いきれずに厳しい状況を迎えてしまいます。

多分、このような状況は少なからず近いうちに確実に来る事でしょう。

また、最近では5000円でカット&パーマ等
のセットメニューを打ち出している美容室が成功しているようです。

そうなると、下は既に飽和状態の1000円からありますので

金額で言うと
1000で勝負?(飽和状態?)
5000で勝負?(今一番うけています)
10000で勝負?(質が高い)

この3択のうちどの方向かに絞られてくることでしょう。


近未来の美容室の店舗数

また、確実に人口減少があって、美容師人口も減るので
数で勝負は非常に激戦になっていくことは明白です。

当然、美容室軒数も淘汰されてきますので
この3択は非常に難しい判断かと思います。

¥5,000、¥1,000は経営手腕であったり
マーケティングもガツガツやらないとなかなか勝てません。

だって、質を求めるお客さんが来ないですから。
金額プラスαなにで差をつけるのでしょうか?

また、異業種もこの辺りには参入しやすいので
増々激しい生き残り戦になってくると思います。

逆に¥10,000はスタッフ教育に時間と費用を費やします。
ですので、これも判断が非常に難しいですよね~。

人を育てる事が得意な方なら別ですが。

そうなると、小規模で品質を維持するパターンがはまるかも知れません。

要するに、今のうちから方向をしっかりと定めて
お店の体質を変えて行かないと2~3年で大変な状況になる場合も考えられます。

正にデザイン業界と同じ流れです。

さらに、それに伴う周辺業種も様変わりしていますので
メーカー、ディーラー等も変わって行くのか?

または、無くなることも考えられますね~。

新しい未来
しかし、その未来が明るいかそうではないのか・・・

未来思考をフルに動かして道を切り開かなければ行けませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧