飲む前に「ウコン」を必ず飲んでいる方へ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕は肌荒れ等を多方面から改善する方法を何時も模索しています。
そんな中、当然体質改善等も時には検証する事もあります。

この体質改善を手軽に行える効果を実感出来る「サプリメント」もあります。

サプリメントの世界も非常に広く、多種のサプリメントがあるので
本当はどうなの・・・?

そんな疑問を持たれている方も多いことかと思います。
しかし、効くサプリメントも間違いなく存在します。

この効き目で注目を浴びた一つのサプリメントが「ウコン」
もう飲み会の前には必ず!
っていう方も少なく無いのではないでしょうか?

この「ウコン」に多く含まれるターメリックついて今年の3月の毎日新聞で発表された記事を存知でしょか?

毎日新聞の記事には次の様な事が示されていました。

ターメリックに含まれるポリフェノール「クルクミン」の摂取に関して
医師へのインタビューから注意喚起が行われました。

クルクミンは、胆汁酸の分泌作用があることから
飲酒による二日酔いの予防への効果や
また、近年では「アルツハイマー病」発症の原因とされる
脳に沈着する老人班(アミロイドβタンパク)を消去する効果があるとして注目されましたが
この継続的摂取が「肝炎」を引き起こす可能性があるため
「健康に良いと妄信しすぎないことが重要」と言われています。

ということはつまり、大量にウコンを摂取すると
肝臓に負担をかけ肝硬変にるので要注意なんですね。

この肝硬変とはカンタンにいうと
肝臓が小さく、かつ硬くなる病気です。

アントニオ猪木のものまねで人気となったタレント春一番さんも
この肝硬変で亡くなられました。

日常的にはやはり飲酒のときのウコンサプリメント。

普通の食事や『ウコンの力』程度ならまだ大丈夫なようですが
高吸収・高濃度に加工された飲料・サプリなら簡単に摂取上限を超えてしまうらしいです。

このウコンはアルコールキャンセルは出来るのですが
都度肝臓を傷つけてしまいます。

ですので、これは僕の自己人的な意見ですが
「飲む前に飲まない!」です。

特にこれからの季節は忘年会等が毎晩繰り広げられる方も少なくないはず。
そんな日々を「ウコン」で乗り切ろうと考えていると・・・。

危険ですね~。

そこで、僕がこれからの忘年会シーズンを乗り切るためにオススメなのが
マリアアザミノ(ミルクシスル)サプリメント!

この「ミルクシスル」は肝臓のデトックスをするハーブです。

脂肪肝、肝機能障害、肝硬変、急性ウィルス性肝炎,肝機能障害など

肝臓が陥ってしまう様々なトラブルに効果があり2000年前からヨーロッパ諸国では
肝臓の薬として愛用されてきました。

特にお酒やタバコを吸う方にはそのデトッス効果がてきめんでオススメです。

ミルクシスルの主成分は、抗酸化作用を持った「シリマリン」と呼ばれる

フラボノイドの複合体です。

ミルクシスルだけに存在する「シリマリン」は様々な研究によって肝細胞の損傷を予防したり
傷ついた肝臓の細胞を再生することがわかっています。

ウコンとは真逆の存在とも言えます。

その他、肝細胞の外側をガードしていて、毒物が細胞内に進入するのを防ぐ効果や
万が一細胞内に毒物が進入してしまった場合、それらを無毒化します。

なんか、病院のお薬みたいな「ミルクシスル」ですが
基本的にサプリメントですので手軽に購入が出来ます。

僕はその中でもナチュメディカ社の「ミルクシスル」を愛用しています。

なにせ、出張の多いぼくは週数回お酒を頂く機会があります。
でも、でもです・・・

僕は、基本的にお酒が弱くジョッキ1杯で乾杯から最後迄いけました。

しかし、この「ミルクシスル」に出会ってからはズ~ット飲んでいられますし
恥ずかしながらこの歳でお酒で酔うという楽しみ方を知りました。

逆に、酒豪の方はべろべろに酔っぱらっても
寝る前にこの「ミルクシスル」を飲んでおくと
朝帰りであろうが目覚めスッキリ!
二日酔い無し!

・・・だそうです。

これからのシーズン手放せない1品です!

美容師の方で欲しい方はお分け出来ますので言って下さいね~!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧