幸せな生き方を選ぶ一つの方法

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

色々な団体や組織が世の中にはた~くさん存在します。

それぞれの組織には大義があり
そこにその大義にに共感した人
その組織がビジネスにとってプラスであると思う人
様々な理由で属しています。

人があつまれば、同じ大義のもとでも
またまた、それぞれの大義や価値観があって
深く関わる人
ボチボチ関わる人
殆ど関わらない人
そういうそれぞれの立ち位置で
その組織に関わっています。

今思うに、その組織がまとまるのには
TOPのカリスマ性・・・
言い換えれば強烈な魅力が無いと無理。

最近つくづく思います。

これは会社でも、お店でもそうだと思います。

この人のために・・・

そう思わせる何かがTOPに無いと
その組織は長続きしないのかな~って思います。

会社の社長さんやビジネスリーダーの方
そう言う方には無くてなならない魅力。

そして、その魅力が組織の規模にも繋がる場合もあるかとおもいます。

多分、TOPが見るビジョンのスケール・・・でしょうか?

どんなに魅力的なTOPでもそのスケールによって
人の集まる人数って違ってくる様な気がします。

TOPがカリスマ的魅力があって
その掲げるビジョンのスケールがあって
組織の人の数が決まってくる。

まあ、業種業態によって
人が従事する必要人数って言うものもあるかとおもいますが
組織内ではなくても外部からの応援等もそうかと思います。

これが「器」という言葉で表される場合がありますが
それらを供えた人が大きな器というのでしょうね。

この器には僕はこの4つが必要なのかな~って思っています。
先ずは、志ですがこれが「ビジョン」。
そして、人間的魅力である「徳」。
さらに、何かに秀でた「才能」。
最後に、タイミングである「時」です。

これらを持っていない場合
大きなコトを目指すのではなく
自分の器を計りそれなりの事をする。

それがその人にとって一番似合った生き方になるのかな~
そういう見方は少し寂しいですが
幸せな生き方の選択方法としてはありかと思います。

自分の器を知る
これって、以外に大切だと思うんですよね~。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧