平和のシンボルクリスチャン・ディオール

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

昨日は寺業を行いましたが
毎回、平和って・・・幸せって・・・働くって・・・お金って・・・
そんなコトを考えさせられます。

そして、今日は「平和」のシンボルとされた

クリスチャン・ディオール(Christian Dior )について久々に記事を書きたいと思います。

ディオールはファッションの本場フランス・パリで 発祥したファッションブランドですね。

第二次世界大戦が終戦を迎えた翌年の1946年

クリスチャン・ディオールが、パリ・モンテーニュ通りに設立されました。

 

そして翌年、丁度日本では団塊世代が誕生した年ですね。

その年にクリスチャン・ディオールがコレクションでパリにデビューし世界中から注目を集めました。

その先品は「ニュールック」

ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウェストと、長くてフルなフレアースカートと言うのが特徴でした。

これらはその型から数字の「8」を当てはめたラインのため「8ライン」とも呼ばれました。

それまでは、女性のドレスはいかり肩に短めのスカートでしたが

ディオールが発表したのはエレガントな女性らしいラインを際立たせたデザインでした。

それはファッション界の革命になりました。
ディオールが『流行の神様』と呼ばれる所以です。

彼が亡くなるまでの戦後10年間は

オートクチュールの「ゴールデン・エイジ」とも称されています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧