ポヤ毛、パサ毛、ギト毛

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ん~~~~残念!

アナタはとってもチャーミングで素敵な女子!
更にスタイルも良いし、ファッションセンスもGood!

でも、でもね~

とっても残念・・・

街を歩いているとそんな事を心の中で言ってしまうのは
・・・ボクです。

だって・・・
毛先ポヤポヤなんですよ~
髪パサパサで乱反射しているんですよ~
何付けているか解りませんがギトって重い!!!

こういう方70%くらいいるような気がします。

だから、残念なんです。

これ、何とか出来ないですかね~

って、何とかしてくれるのは美容師さんしかいませんが。

街中残念な方が多過ぎ!
そう思う時ってありませんか?

この質感が何とかなればメッチャ輝くのにな~。

その髪触りたい!
って言う位の質感で街を歩いている女子は極わずか。

今、肉食系女子が増えているようですが、もったい無いですね~

だって、男子を引き寄せるいい「餌」の手入れが不十分なんですから。

どうしてなんだろう?

実は「質感」よりも先ずは「形」って思う方が殆ど。

真っ直ぐしたい!
こんなウェーブをつけたい!
さらに、そこにスタイリング剤です。

まあ、そのために無理してしまえば結局
ポヤ毛、パサ毛、ギト毛が出来てしまいます。

ギト毛はスタイリング剤の使い方や適切な種類のものを使われていない気がします。

そんな中、傷んでいても何とかみれるかな?って思える人は以外に
ペールイエローくらいに明るくしたストレートスタイルだったりします。

・・・ボク的にはですので、ヘアデザインのプロの方からしたら違うよ~それ!
って、突っ込まれそうです。(・・・突っ込まないで下さい)

美容師さんの中でも、スタイリング剤やアイロンで形を作れればOK!の人も・・・
いや、いやそれは無いですよね。

髪型って凄く大切ですが
質感って形よりも人の心を衝動的に動かす要素が高い様な気がします。

例えば同じ車で
ホコリだらけのボンネット
鏡面加工されたピカピカのボンネット

鏡面加工されたピカピカのボンネットは触りたくなりますが
ホコリがついたボンネット・・・触ろうとする人は変わり者?

質感と言えば

ビールものどごし
食品も触感

そう考えると、質感はリピーターを増やす要素ですよね~。

つまり・・・

触りたい髪の質感。
触りたい肌の質感。

それと同じですよね。

この質感をどうにか美容師さんにしてもらいたいな~
助けて欲しいな~
もっと奇麗に出来たら良いな~

って、思います。

ボクは、ヘアケアに関しては色々とアドバイスは出来ますが
その前のパーマやヘアカラー、伸ばす、曲げるetc・・・

そして、スタイリング剤のセレクトから使い方

そんなところを残念な女子に施して頂きたいと思います。

沢山の美容室があって
沢山のスタイリング剤があって

きっと、ポヤ毛女子、パサ毛女子、ギト毛女子は
迷いながら、自分なりに考えて日常を過ごしていると思うんですね。

そこをフォローして欲しいな~っていうお願いです。
このブログを読まれた美容師さん、是非お願いします!

また、これから高齢化社会になりますので
そうカンタンにはその質感も出しにくい髪質が増えて来ます。

つまり難易度が高い髪質が増えて行きますので
ポヤ毛女子、パサ毛女子、ギト毛女子も増えて行くと思いますので
受け入れ態勢を整えておいて下さいませ~♪

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧