基礎知識の大切さ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ここ二日間で、名古屋、奈良でのキュベシノブのセミナーをさせて頂きました。
その参加者の90%以上がSSAサロンの方。

まあ、それもそうです。
ボクが本校を卒業する頃にキュベシノブを導入して下さった方が殆どですから。

そして今回は既に、ボクの話を2回聞かれる方も多かったのですが
毎回少しでもと言うことで新ネタをスライドには入れています。

自分がシャンプーの勉強をし始めたのは2004年の頃からで
その一つの結晶がキュベシノブシャンプーです。

ですので、キュベシノブのセミナーの何処を切っても全てシャンプーに繋がります。
界面活性剤、皮膚理論、アレルギー理論etc・・・。

そんなネタですが、今回も今迄誰にもお話した事が無いネタを少し盛り込ませて頂きました。

少し深いのでご理解頂けるかな~って不安もありましたが・・・こんなボクです。

話したくて話したくってたまらなくって言っちゃいました~

ところが、ところがです!

前回受けた時よりも凄く入って来た。
メッチャ解りやすかった~っていう感想を頂いたんです。

何故でしょう・・・?

やっぱりボクの伝える力が高かったから!!

・・・残念ながらそうではありませんでした。

そう、皆さんSSAで基礎知識をガッツリ学ばれていたからなんです。
スポーツで言うと基礎体力ができているって感じです。

この数年間皆さん猛勉強して来た成果がこんなところでも活かされているんですね。

基礎知識が有るか無いかで1つのセミナーの理解度が全然違うんです。
これは人によって差がでますよね~。

基礎知識、基礎体力、基礎工事、基礎工法、基礎体温、社会人基礎力、基礎学力etc・・・。

基礎がしっかりしているからこそあらゆる事に対応できる。
その分野に対する視野が広がる。

基礎を辞書で調べてみると
「ある物事を成り立たせる、大もとの部分」

と解釈されています。

裏を返せば、大もとの部分を何れだけ理解しているの?

そんな事を自分自身に問いかけてみると・・・

以外と基礎を知らなかったって事があります。

だから、大もとがしっかりしていないから
成り立たなことが頻発するんですよね~。

セミナーでの吸収率が悪い
イザと言う時に応用が利かない
アイディアが浮かばない
やっている事が繋がらない

基礎・・・地味だけど影響力は凄いですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧