20代、30代に次世代を託します

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ある日母のお腹に新しい命が宿り
運命の日を迎えます。

その日はアナタが産まれた特別な日です。

それと同じく、世界中で同じ日に特別な記念日を迎えた人がいます。

それから年月が過ぎ徐々にそれぞれに自我が芽生え
世の中に大人として出て行きます。

その時点でそれぞれに「差」が産まれています。

振り返れば、自分よりも後に産まれた人が世の中で活躍している。
自分より少し先に生まれた人が世の中に影響力のある人になっている。

あ~あの人達は特別だからね~

って、自己完結している自分・・・

それで良いのだろうか?

産まれて来た時から皆に平等に与えられたもの
それは時間という人もいます。

でもボクは時間ではなくチャンスだと思います。

じゃあ、チャンスってどうやって手に入れるのだろう?
ボクも何時もチャンスがあれば・・・って思っていましたし、今でも思っています(正直言って)

でも、チャンスは平等なのにそれを放棄している自分っていませんか?
放棄って言うのはチャンスをとりに行く事をしていないってこと。

チャンスを手にする人はごく一部の人なんだろう・・・って。

それって、何かおかしいですよね。
・・・だってチャンスは平等なのに。

自分にはチャンスがあることを信じていない人にはチャンスは訪れないとボクは思います。

チャンスを信じている人はチャンスを手にするために何かしら動いています。

どうしたら良いんだろう~?って常に考えています。

そうは言っても自分自身どんなチャンスが欲しいのかも解らない・・・。
そう言う人もいます。

そんな時、自分を中心に考えるのではなくって
一番大切な人が心から喜ぶ事を考えてみるのも良いかも知れません。

そして、その人の為に自分は何が出来るのか?

その人の笑顔の為に!
って、心から思える事を考えてみる。

え~でも今の自分にはこれくらいしか出来ないよ~

それでも良いと思います。

その「これくらい」を一生懸命にやってみる。

一生懸命にやっていればチョットだけ面白みも見えてくるはずです。

そのチョットに今度は一歩踏み込んでみる
チョットをもっと面白く出来る事を考えてやってみる。

すると、そのチョットから自分はこういう事がしたかった!
そんな発見があるはず。

すると今迄の人生で経験した事無い新しい世界の扉が開くはず。

今、仕事に対してボチボチでいいや~っていう若い方が多いと聞きます。
給料は安いけど安いなりに生きていければいいや~って。
無難にこなして辛かったら辞めれば良いや~って。

それが、育って来た環境という理由で先人達は治めてはいますが
同じ人間、同じチャンスを与えられた人
そんな事で片付けてしまうには人生がもったい無い!

どうして今生きているんだろう?

何がしたいの・・・?

どうせ生きているんだったら
やり甲斐を感じたり、少しでも楽しいと思える生き方を選ぶ。

その方が、1度きりの人生を過ごすにはいいってボクは思います。

でも、それを選ぶと当然色んな壁もあるし
いやだな~って事もありますよね。

でもボクはそう言うとき
1年後、このいやな事って何れくらいの「嫌時間」に思えるかな~?
って、想像してみます。

すると、ほんの少しの時間だったって絶対に思えるな~って考えます。

だって、嫌な事はほんの少し、後はひたすら好きな事をしている時間
さらに、その好きな事をすることで大切な人が喜んでくれたら
また、Happyな時間を幾度か経験しているはずだから。

普通から楽しい事の方が多い時間を経験している。

そう考えると、メチャ勇気もわいて来ます。

何とかこの壁を乗り越えよう!
どうにかして早くこの嫌な事を済ませてしまおうって。

そして、そんな嫌な事こそ学びの時なんですよね~以外に。

ボクは言っちゃいますが、もの凄く人に騙されて来ました。

これは性分で、直ぐに人を信じちゃうからなんですけどね(超反省)

そして、騙され、裏切られてそんな人にアイツはダメなヤツっていう噂を流される。
そんな事を沢山経験して来ました。

でも、別に~って感じです。

だって、ボクの事を知ってくれている人はそう思わないし
真実は必ずいつか理解されるって思っているから。

ただし、いい加減騙されてきたので少しは経験を通して成長して来ました。

さらに、みかねてボクを守ってくれる仲間や忠告をくれる仲間も出来ました。

だから、やりたい事をやる!
それは誰かのためにという大義があれば何でも良いと思います。

まあ、少し例題としてはおかしいかも知れませんが
企業間の戦いでも大義があれば聖戦です。

20代、30代の方にはこういう経験を今のうちに沢山しておくと
自分の将来やり遂げたい事や、夢を見つける事が出来るとボクは思います。

何故なら、ボクは20代前半迄全くやりたいことが見つかられず
迷走した時期を経験したからです。

大学も絵が好きで芸大を狙っていたり
途中でいややっぱり弁護士だ~!とか
イヤイヤ、やっぱりやり手の起業家だ!
なんて、あっちいったりこっちいったりしていました。

気がつけば、同級生は皆就職して
集まれば会社の話・・・大人になっている(汗)

ボクだけ学生でなんか成長していない・・・
取り残された~
なんか、今の自分って腐っていると自分自身が嫌になった事があります。

そこで、出会ったのが美容でした。

これも、親にいい加減にしろと言われ嫌々美容専門学校に行ったのがきっかけです。

だから、始めは美容は好きじゃなかったというか全く興味が無かったんです。
今偉そうにシャンプーソムリエなんて言っていますが。

それからというもの徐々に美容の魅力に取り付かれ
大好きになり、もっともっとって思い始めて今があります。

だから、いま何となく人生を過ごしている人も
ボチボチ仕事をしている人も
必ずはまる、自分が熱くなれる何かがきっとあるはずです。

そんな、20代、30代の人にこれからの日本
そして美容業界をボクたちはバトンを渡す準備をしていますよ~!

元美容嫌いな関川でした(汗)

関連記事一覧