2種類のシャンプーを使い分けることもありかな!?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日遂に全国7拠点で展開された2014年のSSA Basic が沖縄で最後となりました。
ボクも、チョットしたお手伝いで参加させて頂きました。

また、Basicファイナルはモデルを使った実演です。

その仕込みでは、デザインの打合せや施術に関する打合せ等が講師陣の中で行われています。

ボクはその時に、モデルさんの頭皮と毛髪状態を診断して
そのようなシャンプー剤の使用が望ましいのか?

そう言う事を考えています。


Basic初のメンズモデルを担当する
芥川サン


矯正モデルのカウンセリング


パーマモデルのカウンセリング


ヘアカラーモデルのカウンセリング

この中で、モデルさんの頭皮と毛髪での事例ですが
お一人は、乾燥していて角質層、特に細胞間脂質の劣化が顕著でした。

髪は撥水性で太毛、硬毛のダメージレベルが3~4のグラデーション

この方は、基本的に1種類のシャンプー剤で対応可能だとボクは判断しました。

そして、もう一人のモデルの方
この方の頭皮は若干脂質が多くウェット
毛髪は太さも硬さも普通でダメージレベルが3~5のグラデーション

このモデルの方の場合はボクの中では2種類のシャンプー剤の使い分けが必要と判断しました。

2種類のシャンプー剤を使い分けるという概念はあまり市場ではないかと思いますが
ボクの中では頭皮と頭髪のバランスで界面活性剤等の種類を選定しています。

通常のシャンプー剤は数種類の界面活性剤を使用していますので
ある程度の範囲を1本でまかなえるのですが

頭皮と毛髪の状況の差がありすぎる時には
頭皮と頭髪を分けて考えた方がベストなヘアケアが出来る場合があります。

滅多に無いケースですがありえます。

モデルさんもスパニストの方でしたのでヘアケアには興味を持たれ
ご自分でシャンプー剤を考えながらチョイスされていました。

しかし、1種類でしたので、そのチョイスは難しいだろうな~って思いました。

当然、そのモデルさんにはアドバイスをさせて頂いたのですが
お客さんで頭皮と毛髪の条件に大きな差があった場合は2種類勧めてみてはどうですか?

始めは慣れないヘアケア法かも知れませんが
このアプローチ法はイザというときに使えます。

逆にシャンプー1本でヘアケアをするのは無理なケースは意外と多いのかも知れませんよ。

授業も順調に進み、仕上がりはどのモデルサンも流石という仕上がりでした。

SSA講師陣の実力には、生徒さんばかりではなく
モデルさんも100点を付けてくれるのがまた嬉しい限りです。

 


モデルさん、受講生方
そしてSSA講師陣での記念の1枚

・・・って、いつものボクのブログでしたらここで終わるのですが
今回は特別編を後編にかきました↓

そして、懇親会はビーティパーティー

まだまだ夏の沖縄でのビーチパーティーのドレスコードで登場!!


気温が30度近くても美を貫くSSA講師の黒崎サン

あつっ!!

ではなく・・・

暑いので皆さん涼しい格好で参加です。


愛を語り合う2人の間には誰も踏み込めない

そうだよね~
ウンウン、解る~♪

かたや、皆は・・・


・・・だから、手はこうだって!→

こう、こうですね!!←

そうそう、手はこう顔のまえでこう→


だから、手はこう!!→

え~こうじゃないの?←

ホントアナタって解らない人ね~→

え~わかんな~い←

 


ところでさ~
皆手のこと言ってるけど
手はやっぱり、こうの方が良いよね~→

こうやってさ~
眼鏡の丁度このくらい→

いいね~いけるよそれ~!←


手なんかどうでもいいじゃんね~ポロロ~ン♪

デスよね~


やっぱり手はVさいんでしょう~?

 


解った!手はやっぱりこうだ!!
これが一番良い。

顔にこうピッタリ付けて←

なんか、写真をみたら皆の手が面白くって全く関係無いキャプション付けちゃいましたが
ビーチパーティーの後半はこんな事もありました。


ケーキを有本さんの顔面に!!
・・・やっぱりSSA女子は全国的につよかった

今年200名のSSAファミリーが増えました。

すでに、来年のファミリーが沢山集ってきています。

仕事も本気、遊びも本気
これが良いんです!

関連記事一覧