薄毛と日焼け

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

夏が終わり秋がもう目の前ですが
この時期頭皮の日焼けが気になってしまうのは僕だけでしょうか・・・?

僕は身長が180オーバーのため
女性はほぼ近くにいると頭のつむじが見えてしまう目線です。

すると、頭皮が茶色くなっている方に目がいってしまうんです。
ああ~日焼けしちゃったって。

また、元々日焼けが目立つ方の場合
細毛の方や薄毛の方が多いですね~。

年齢もまだまだ若いのに僕的に薄毛が気になる方もいます。
その時心の中で

「マズイよ~!今のうちに頭皮ケアしないと!!」
「シャンプー何使ってるの~?」

って、叫んでいます。

だって、若い人は基本的にそこまで薄毛になりませんからね。
間違った頭皮ケアをしている可能性大です。

これはホント間違いないですよ。
良い例が僕自身です。

僕のおじいちゃんは20代後半から薄毛になって
僕が産まれた頃は完全に波平さんヘアーでした。

そして父も40代からはてっぺんが薄くなって
60代の時には完全につむじが消失していました。

そう考えると、僕もてっぺんが薄くなっていてもおかしく無いハズです。
しかし、自称ですが、全然まだまだ毛は生えています!!

何が違うって・・・苦労の違い?頭使っていない?

って、言う事もあるかも知れませんが
専門的に言えば頭皮ケアが出来ているからです!

頭皮ケアをキチンとしていれば
年相応の毛の本数にキープ出来ると思います。

ですので、若くして薄毛の方はまだまだ頭皮ケア次第では大丈夫です。

そして、頭皮環境が良ければ自ずと抜け毛も適正です。
むやみに毛が抜ける事はありません。

本来生えている約95%は成長期という時期で6年位は伸び続けます。
※頭皮異常や栄養バランスの乱れ等が原因で2年程度の方もいます。

そして、1日に抜ける髪の本数は約50本~100本程度

しかし、頭皮環境が悪いとそれ以上抜けますし
成長期の髪自体が減ってしまいます。

すると、薄毛という状態になってしまいます。

こう言った頭皮にならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

先ずは、清潔な頭皮に保つ事ですよね。
つまり、1日の汚れをキレイに洗い流す事。

でもね~キレイに洗い流せている人って案外少ないのかもしれません。

ベリーショートの方でしたら良いのですが髪の長い方の場合
何れだけしっかり流しているでしょう?

特に頭皮は意外と流しが甘く
髪ばかり流していないでしょうか?

さらに、トリートメントなどてっぺんからつけていないでしょうか?
実は、トリートメントは肌に残り易いんです。

だって、頭皮には皮脂膜という油の層が合って
そこに汚れがついて油汚れとして頭皮にこびり付いていきます。

そして、トリートメントも油です。
油と油は仲がいいので、引き合いますよね~。

ですので、本当によ~く流さないと頭皮に残りますからね。
まあ、シャンプー剤の界面活性剤も残りますけどね。

頭皮も髪も当然残る事はNGなんですが
先ずは頭皮を流すことを意識されるとよいかと思います。

つづいて、使うシャンプー剤なんですが
今日はここまで!

明日の記事で書きますね。

自分的には薄く無いと思っていたのに
鏡でてっぺんを見た時、頭皮が見える方は要注意です!

まあ、髪の分け目は仕方が無いにしても
それ以外の頭頂部が見えるようでしたらあなたのヘアケア方法は間違っているかもしれない!
って、見直される事をお勧めします。

関連記事一覧