買ってはいけない系の本

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

アレルギーについて調べものがあって書店によった時の事。

やたら山積みになっている否定形タイトルの本があったのでついでに買って読んでみました。

この系統の本って何れくらい出てるだろう・・・?
タイトルが否定的なのである意味人目を引きますからね。

その新刊みたいな本ですが
多分、あっ!見たって方もいるのではないでしょうか?

この本の著者はサイエンスジャーナリストの中川さんです。

本の中には薬局系ですので当然シャンプーについても書かれています。

ボクがブログで書いている様な内容の一部にも触れられていました。

ボクはこのブログでは7割程度の表現で書いていますが
まあ、この中川さんもハッキリと書けないのでしょうね。

否定本ですからテーマが・・・

何となく、スッキリしない内容ではありあす。

後ですね・・・
某メーカーとの大人な関係がかいま見れる内容も出ているので
この本の信憑性がチョット疑われます。

内容はまあ面白く無いとは言えませんが
プロの方ではないので・・・
(シャンプー系は素人の評論家なのかな~っていう印象を受けたもので。)

スミマセン、中川さん。

本当はどんなシャンプーがいいのか?

明確な基準が書かれて無いので、この本を参考に選ぶとなると
情報が少し少ないのかな~って感じますが、消費者にとっては十分なのかも知れません。

買って損は無いかと思いますが
本の中で最終的にはプロの美容師さんに相談してシャンプーを選ぶように勧められています。

ですので、美容師さんはそれにキチンと対応出来るスキルを持っていないと
消費者がヘアケアで相談するところが無くなってしまいます。

まあ、そこに落ち着かせるのが本の内容からしていいところでしょうね。

でも、増々某メーカーとの大人な関係が・・・感じてしまったのはボクだけでしょうか?

最終的には、美容師の方々のヘアケアのスキルアップは
この様な買ってはいけない系の本が書店で山積みになっている今
緊急性が出ているのは確かですね。

関連記事一覧