見せつけられた4つのリアルサロンワーク!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

突然ですが一言!

昨日は大変楽しく、そして心が熱くなるSSA Basic Rpund-5 東海が終了しました。

SSA Basic のRound-5は授業で伝えている知識を講師陣が実際に背中を見せる
リアルサロンワークの授業です。

つまり、理論と実践を結びつける最終ラウンドになります。

今日はそのSSA東海エリアの様子をご報告させて頂きます。

先ずは、4名のモデルが用意されています。
その4名のモデルで行う施術が

①へアカラーデザイン
②パーマデザイン(カールorウェーブ)
③ストレートパーマデザイン
④スペシャルデザイン

④は師匠である有本さんと、アンダーグランドの永田さんの夢のコラボレーション!
ヘアカラーデザインとカットデザインの融合です!

この中で、①②③は誰が担当するかは当日にくじ引きで決まり、担当はメインとサポートの2名体制になります。

そして、モデルさんが決まると先ずはデザイン決め


①のヘアかラーチームの場合
アンティカの小針さん&あうん堂の酒井さんチーム

 

夢のコラボチームの有本サンは、髪の残留ティントを髪の透け感で先ずは診断しています。
ほぼこれで、染料の色と成分までを特定してしまいます。

そして、相方の永田さんがカットデザインに入ります。

各モデルさんへのメイクは・・・

受講生でありながら、アンティカの郁子さんが4人のモデルのメイクを施してくれました。

そして、先ずは各モデルさんの毛髪診断を行って行きます。

SSAの毛髪診断は独特の診断方法があり、その方法でより正確な毛髪の状況を把握し、出来る限り施術ミスを回避していくとともに、薬剤選定やプロセスを決定して行きます。

この段階が実は非常にキモになり、サロンワークでは時間とコストに直結し、お客さんのリピート率に繋がります。


②のパーマモデル担当のヘアメイクバサラの斉藤さん

ダメージレベル5以上のモデルへデジタルパーマでパーマデザインを行っています。

通常SSAではダメージレベル5以上は危険ゾーンとしていますので、かなりギリギリのところでパーマをかけて行きますので、かなり難易度は高いモデルさんでした。

しかし、淡々とパーマをかけていく斉藤さんも相当数の危険ゾーンの経験をサロンワークでしてこられたそうです。

ですので、殆どノーミス・・・いや、完全にノーミスで施術をこなしていました。
その斉藤さんの施術のサポートは5期生の福井くんが完璧にこなしてくれました。


いよいよ、ヘアカラーデザインに入った有本サン!

受講生の殆どが有本さんの施術を見るのは始めてです。

また、カッターを担当された永田さんの意図を有本さんが読み取り、手際よくカラーデザインを施して行きます。
有本でン曰く、5年間の永田さんの作品の傾向をこの日までに分析してきたそうで、昨日はどんなカットデザインを永田さんがするかまで予測していたそうです。

・・・勿論、その予測は大当たりでした!


①のチームが1h間という短時間で完成

SSABasicで習うヘアカラーの基本的考え方をモデルに施したヘアカラーチームのディスカッション。

本来であれば2プロセス以上は必要なモデルでしたが、リアルサロンワークを考えると、SSAではワンプロセスで行える方法論を見つけ出すのがセオリーです。

そのためには、毛髪診断、ダメージ部分への対処、新生部への対応、色彩コントロール、ヘアデザインetc・・・。

かなり、ハイレベルなカラー施術を行っています。

きっと、受講生のいい復習になたことでしょう。


④のストレートパーマチームは美容室NIWAの丹羽さんと
飛び入り参加のブレスの武田サン

ストレートヘアに完成した後にせっかくなので丸アイロンでのセットの仕方を武田サンに見せて頂きました。

④の夢のコラボチームのヘアカラーが終了し、いよいよ仕上げです。

全スタイルが完成した後は、担当者から施術のポイント等をシェアします。

このモデルは産まれてこのかた色々な美容室へ通ったそうですが、始めてくせ毛のコンプレックスが無くなったとメイン担当の丹羽サンを含め、サポートに入ったSSAメンバーのレベルの高さに感激の言葉を言われていました。

薬液選定から全てパーフェクトだったのは言うまでもありません。

これがSSAの理論を実践に落とし込んだサロンのお客さんが感じる事なんだと嬉しくもありました。


理路整然と施術ポイントを解説する斉藤さんは
SSA本部講師としては貴重な女性講師として2015年はデビュー予定です。

この解説の場は4スタイルとも予定通りの仕上がりになり、SSAの理論と技術が繋がった瞬間を体験出来ました。

受講生の方も自分たちが何処を目指して知識を学んできたのか?

その、目指すものが見えたのではないでしょうか?

最後は、講師もサポートメンバーも受講生もモデルも皆授業の終わりを惜しみつつ
喜びと感動で胸一杯の高揚感に満たされました。

ボクも、この瞬間SSAの目指す「デザインのためのケミカル」
そして、それを学ぶ事でお客さんに何れだけの感動と喜びをヘアスタイルを通して感じて頂けるのか?

そのリアルを感じつつ、SSA講師陣のレベルの高さに安心感と頼もしさを感じました。
みんな凄いな~って。

何事も努力の積み重ね。

どんな時でも前を向き、ひたすら目の前のお客さんへよりよいものを提供し続けるために毎日を送ってきた人だけが手にする事の出来る宝物。

それは、学びに投資した金額よりも遥かに尊いものだと思いました。

この感動をこの場ではどうしても伝える事が出来ませんが

やり続ける!

考え続ける!

仮説&検証の繰り返し!

その結果をSSA Baisc Round-5で再現した
迷いや不安で一杯の受講生の心に火をともすラウンドだったと思います。

この種火を絶やさずに、全国へと広げて行けたら
何れだけの美容師さんが仕事に対する誇りと自信を取り戻し
プロがプロであり続けるための努力の方向性を示せることでしょう?

SSA東海エリアが、本当の第一歩を踏み出した足音が聞こえた1日でした。

関連記事一覧