運動しなくても若返りが出来る!

若返りを実現する代表的なHGH(マスターホルモン)

HGHとは、「ヒューマングロースホルモン(人成長ホルモン)」のコトをさします。

このHGHが全ての内分泌腺レセプターの感受性を活発にして、ホルモンレベルを若いときのあった状態にまで戻す事が出来ると言われています。

特に体中に栄養源を補給する効果が高くなります。

HGHはエストロゲン、メラトニン、DHEAの産生を促して、全てのホルモンレベルを活発化させるので若返りに絶大な効果があると言われています。

このHGHですが、2000年がアミノ酸元年と言われ
アミノ酸飲料やサプリメントが日本中に誕生して行きました。

さらに、2012年にはアルギニン、BCAAを含有したドリンク剤が世界中で流行して“エナジードリンク元年”と言われるまでになりました。

BCAA等はアミ酸の「バリン・ロイシン・イソロイシン」が多く含まれ、トレーニングによって切断されたり、炎症を起こした筋肉繊維を翌日には繋げるという働きがあるとされています。

つまり、筋トレは筋肉を太くする行為ですので、BCAAを摂取することで相乗効果が期待出来ると言う事ですね。

若さのマスターホルモンの分泌量は個人差はありますが
約20歳位から減りはじめていくと言われています。

コラーゲン等は25歳ですので、成長ホルモンの減少のほうが少し早いですね。
これが10年ごとに約14%ずつ減少していくという見解もあります。

60歳では何と半分で、80歳位になると5%にも減ってしまうそうです。
ですので、このHGHは若さのバロメーターとも言われています。

ボクがこの事を知ったのは約10年前
その時からこのHGHの摂取をサプリメントでしてきました。

摂取方法も独特で、約2週間のうちにこの活動を急激に活発化させます。
何でも立ち上がりは力が必要ですからね~

その後はゆっくりと摂取・・・

例えば最初の2週間は1日2回
以後は1日1回と言う感じです。

そして、一度HGHが活性化したら不定期な摂取に変えて行きます。
HGH系のサプリメントは様々なアミノ酸を効果的に働くように処方されています。

さらに、HGHが活性化すると脂肪燃焼効果も高まりますので
当時は寝ている間に痩せるという説明を受けた事があります。

そして、良い事がただ痩せるのではなく
筋肉量を減らさずに脂肪分を減らす効果があるんですね。

これを定期的に取っているせいだったのか
元々の体質なのはは分かりませんが45歳になって
運動もしていないのにお腹にあまり脂肪がつきません。

本当は、これで運動したらあっという間に良い体になるのかと思います。

だって、アミノ酸はタンパク質を分解した低分子ですので
吸収力は抜群です。

今日は日曜日ということでチョット健康についてのお話でした。
痩せるにも、元気になるにも若々しくがテーマですね!

関連記事一覧