シャンプー解析の勉強の仕方

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

たまに、シャンプーの勉強をするには何からやった方がいいですか?
というご質問を頂く事があります。

本来であれば「シャンプーソムリエセミナー」にきたら?
って、言いたい所ですがまだ正式に開講はしていません。

そこで、先ず第一歩が
自分が気になるシャプーを購入し
3日位それで髪を洗ってみる事です。

勿論、トリートメント無しでです。

最近はミニサイズも出ているのでやり易くなりましたし。

そして、全部ではなくても
上位10個くらいの成分を表にまとめていきます。

当然、成分の特徴等をネット等で調べて
どのような成分なのかを理解していきます。

すると、徐々に使用感と成分表が繋がって来ます。
それをまじめにやろうとすると、だいたい100個くらいのシャンプーをすることになります。

100個くらいやると自分なりの処方が分類されて来ます。
意外と、似た様な処方がある事にも気付きます。

すると、シャプーをたまたま薬局で手に取ってみたとき
全成分表示をみると、たぶんこんな質感のシャンプーだろうな~って想像出来るようになってきます。

そうなると、ネットに書いてある成分解説と
自分なりの感じ方も違う事に気付く場合があります。

そうなると、自分なりの判断基準が出来て来た事になって
ダンダンと、使う前から使用感等が見えるようになって来ます。

そして、最後は、それがどんな人に合うシャンプー剤なのか?
それを考えられるように徐々になってきます。

関連記事一覧