美容学校からこのお店に生徒を送り出して大丈夫ですか?って相談されたら・・・

  • HOME
  • BLOGs
  • 未分類
  • 美容学校からこのお店に生徒を送り出して大丈夫ですか?って相談されたら・・・

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

本当におかしく思う事が世の中沢山ありますよね~
どうして、それやるんだろう?ってこと。

今回は、チョット嫌なヤツになって記事を書くと思います。
だって、そう言う事ボクは嫌いなんで・・・。

そして、美容を夢見た子供達にそんな美容室に就職して欲しく無いから。

先ず、結構聞くのが誰のお陰で今があるのか?
を完全に無視した行動を取る人っていますよね~。

例えば、自分に影響を与えてくれた人や会社とのご縁を作ってくれた人を完全に無視した行動を取る人。
こういうのを「義理を欠く」とも言います。

義理とは調べてみると・・・
物事の正しい筋道
人として守るべき正しい道
道理
すじ
社会生活を営む上で、立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。

と書かれています。

しかし、そんなコトを考えずに、ご縁を作ってくれた人をおざなりしてしまう人がいるんですよね~。

こういう事って、普通で考えれば当たり前のように分かっていて当然ですが
いい歳の大人でも分からない人があちこちにいます。

当然、世の中人と人との繋がりですので
いつしかそう言う人は信用されなくなっていくのかな~って思います。

驚く事にそう人なのに
業界をよくしていこうとか
世の中を良くしようなんて言っていたりします。

でも、そう言う事実を聞いてしまうと
この人は上っ面の人なんだな~って思ってしまいます。

分かっている人は分かっていますし
言葉で隠していても直ぐその薄さがバレますよね。

だから、結局は追いつめられると本性を現す。

・・・言っている事とやっている事、全然違うでしょ~~~!!

スミマセン、毒はいています。

だて、最近そう言う話を近い人からカミングアウトされたり
相談を受けたりすることがあるので・・・

残念というか悲しいというか
理解出来ません(涙)

ただ、業界狭いですし、そんなことあっという間に知られてしまいます。

すると、ボクの中では良い会社、いい人に見えるけれど実は
あのメーカーさんってそう言う事してたんだ~とか
あの美容師さん実はそんな人だったんだ~とか
直ぐバレるのになんでそんな事しているの~?!

って、浅はかな姿が浮き彫りになってしまいます。

だから、何事にも物事の正しい筋道は考えるべきかと思います。

そして、もう一つ毒はかせて下さい。
その業種や業界を飛躍させるより金儲けの手段としてでしか考えていないと思う行動をとる人。

この業界を良くしよう
お客さんのためにもっとガンバろう

そんな、言葉が口からポンポン出ては来るももの
やっている事に説得力ないな~って思ってしまいます。

例えば、美容業はお客さんをキレイにするための業種です。
それも、昨日より今日、今日よりも明日と
その責任を追及していくべきですが

何故か、そこよりもどうしたら儲かるかばっかり考えて
例えば、使う薬剤は安~いものを使うとか
コピー商品を使ったり・・・
※安いものとは髪や頭皮に対して負担がかかりやすい安価な商品です。

スタッフは個人任せで
全然教育もしなかったり

または、料金の安いお店をドンドン出店したり・・・

こういうコトを平然と行う人がいます。
これって、おかしく無いですか?

ボクはそう言うお店には絶対に家族を行かせたくないです。

だって、家族は一番大切ですし
料金は安くは無いけれど髪の強度が保たれたり
繰り返しヘアカラーやパーマもスタイルも楽しめるからです。

そして、そう言うお店はお客さんと向き合うというより
お客さんをさばくとか、回すことしか考えていません。

・・・あり得ない!

そういう方には
本来アナタの職業は何をするために世の中に存在するのでしょう?
って質問をしたくなります。

先日、奥さんが録画していて一緒に観た
十数年ぶりに再スタートした木村拓哉さん主演のHERO2で
久利生検事が検事が絶対に守り抜かなければいけない責任を語るシーがありましたが
どんな職業にもそういった責任ってモノがありますよね。

だから、ボクは家族にはそれとは真逆のお店に通ってもらっているので
子供達は当然として、ヘアカラーやパーマをする奥さんの髪は何時も奇麗です。

ホント担当して下さる女性美容師さんには心から感謝しております。

そして、常に勉強し研究してより素敵なヘアカラーやパーマデザインを提供してくれています。

職業柄その違いも十分伝わってきますので、何時も安心して家族をお任せ出来ます。

そう、少し前に

美容師という職業の不人気 について

という記事を書き大変な反響を頂きましたが

この様な美容室に専門学校生が就職したら未来はホント明るいと思いますが

前者のお客さんからいかにお金を儲けるかを先ずは大前提で考えている美容室に
新卒者が入店したらあっという間に嫌気がさして退職すると思います。

だって、筋が通らないし、その職務の責任が無いから。

だから、ボクはこういうお店は嫌いなんです。

・・・あ~ぁ

本音を書いてしまいました(汗)

ただ、安いだけでは判断出来ない場合もあります。
コレ重要です!

きちんととそれがビジネスモデルとして考えられていて
その先には質の高い美容室のビジネスモデルが用意されているケースもあるからです。

まだまだ新人だから正規の料金は頂けないので安くしていますというお店です。
勿論、そのための教育もされています。

意味合いが全然ちがうでしょう~?!

最近凄く気になっている嫌~な話。
義理を欠く人、お客さんに美容師として何を提供しなければいけないのかを忘れてお金儲けに走る人

この2つについて記事を書かせて頂きましたが
ホント、残念で仕方が無いんです。

でも、経営学の賢人達はキットこの辺りは大切にしながら
ビジネスで成功して来たんだろうな~って思います。

だって、真理は裏切らないから。

これから、日本国内は少子化がドンドン進み
需要と供給のバランスが美容業界は必ず崩れてきます。

・・・もう崩れはじめているかもしれません。

その時に、お客さんはどちらを選ぶのでしょうか?
また、義理を欠く様な人がそんな厳しい時代を表面的なテクニックだけで乗り切れるでしょうか?

ボクは、厳しいんじゃないかな~って感じています。

美容学校側だってそんな話が聞こえてくる美容室には生徒を送りたく無いと思っている事でしょう。

逆に、そう言う時に専門学校側からボクに相談してくれたら
現状を伝えたいな~って思ってしまいます。

「■■市の●●という美容室はどのような経営哲学をもっていて
内情はどうなのでしょうか?」

なんていう相談あったらアドバイスしたいですね~。

だって、なるべく離職率を下げて
1人でも多く立派な美容師さんに育って欲しいから。

それには、基礎技術、基礎知識等もそうですが
人として成長出来る教育をしてくれる美容室が必要ですからね。

関連記事一覧