美容師という職業の不人気について

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、美容専門学校の校長先生にお声をかけて頂き
専門学校の現状等を色々とお話を聞かせて頂きました。

美容学校の生徒数は年々減少傾向です。
さらに、美容師は離職率も高い職業ランキング上位をキープしています。

ボクが美容学校に通っている時は先生に
「アナタ達は金の卵よ」と言われ、美容師人気は旺盛を振るっていました。

それからたった20年でココまで人気が無くなるとは・・・

この責任は言いにくい事ですが
現在の美容室や美容師さんにあると言っても過言ではありません。

人気があった時は美容師さんはかっこ良くて、輝いていました。
人ごみにいても美容師さんだけは独特の輝きを放ち、直ぐに分かったものです。

たぶん、今美容師をしている方もそんな姿に憧れて
カッコいいな~って思って美容師になった方も少なく無いのではないでしょうか。

そう、誇りをもって、自分は美容師です!って街を歩いていたように思います。

また、美容室経営にも問題がありましたね~。
そう、社会保険への加入です。

これは、非常に厳しい現実を突きつけられました。
そのため、いかに利益を出すのか?
という経営方法も否応無しに改善しなければいけない課題に上がっています。

客数をとるのか、客単価をとるのかどっちの方向へ舵をとり
それを実現するのかも避けては通れない道。

それ以外は労働時間のわりにお給料が安かったり、キツかったりと
なんか、良いイメージが薄れる課題ばかりが出て来ます。

しかし、美容業界のリーダーは美容師さんです。

美容師さんが豊かになり、カッコいい大人になって行かなければ
子供達はなりたいと思えません。

いい方を変えれば、異業種との競争です。

異業種の方が魅力的なので
皆そっちへ行ってしまうんです。

さらに、高校の先生まで進路指導の時に
美容業界の事も何も分からないのに美容師はやめときなさいって・・・

チョイ、腹が立って来ます。

その競争は一人一人の美容室経営者や美容師さんが現状を理解し
未来に眼を向け、今何をすべきか?

業界の課題をどうやって解決していくのか?

それを、真剣に考え、社会で誤解されている面も修正しながら
それぞれの課題を解決していかなければいけません。

美容学生が少なくなっている原因は正に、美容師という職業に魅力が無いからなんですね。

しかし、こんなに素晴らしく、やり甲斐のある職業も中々ないものです。

お客さんの髪型を変え、心に大きな影響を与える職業。
多分、髪型で随分生活が明るく楽しくなった人も沢山いる事でしょう。

仲には、仕事がうまく行ったり、恋人ができたりと生活に大きな影響を与えてもらった人もいる事でしょう。

それだけ、人の人生を左右する美容業に魅力が無いはずがありません。

ただ、その魅力が伝わっていなかったり
働く環境が異業種よりは緩い感じに見られ
今の人達には将来の不安を感じさせているのかも知れません。

ボクは常に思います。
美容師さんに沢山儲かって欲しいって。

そして、子供達に夢を与え憧れられる人でいて欲しいって。

だから、今何をすべきかを真剣に考える事が大切だと思います。
業界の未来を変えるのは現役の美容室経営者の方や美容師さんなのですから!

あ~今日は暇だ・・・
食っていけるだけまし
ボチボチ・・・
美容師は食いっ逸れが無い!
なんとかやっていければ・・・

なんて、言っていられません。
これは、業界の危機ですから!

そして、美容学校の方にも協力して頂きましょう。

免許を持っているだけでなく、入店したら短期間で教育が済むある程度の
現場に即した基礎を美容学校で修得出来るようにって。

先日も、そんな話まで熱く語って来ましたが
受け入れる側も、送り出す側もこの美容業界の未来を共に考え
改革をしていけたらいいな~って思います。

・・・ボクは何をするかって?

何が出来るかな~?

でも、美容業界大好きですし、事情あって現場から足を洗い
ディスクワークや営業、モノ作りや講師等を経験しても
やっぱり美容師の仕事が一番楽しかったって思います。

だから、ボクは美容師さんがもっと輝くお手伝いと
美容室にとって絶対的な存在価値ある美容学校が1校でも多くなるように
その橋渡しをしたいかな~。

他店とのお客さんの取り合いよりも
先ずは、既存のお客さんが子供は美容師にしたい!とか
子供達が美容師になりたいって思えるサロン環境を作って行きませんか!?

結果、消費者に魅力ある美容室になるわけですから
お客さんは自然に増えていくはずですからね!

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

関連記事一覧