秘密保持契約をカンタンに考えていたら・・・

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

「秘密保持契約」って重~いタイトルが今日の記事内容です。
何故こういった事を今回かいたかと言いますと

最近、独立者や同業他社への再就職率が美容業界は多く
辞めるという概念が緩く感じ特に従業の方への記事になっています。

組織の雇用には様々なリスクが絡んできます。
特に美容室の場合は離職率が高い職業としてあげられますので、退職は珍しくありません。

この時に「秘密保持契約権」や「損害賠償請求権」の存在を軽視してはいけません。

これはある取引を行う際などに、会社間または法人と個人間で締結されます。
この締結ですが、常識内でなら特に契約を交わさない場合でも適用できるという弁護士さんもいます。

つまり、「秘密保持契約」の締結などしていない場合でも施行出来るようです。

この中でいう秘密とは営業秘密や個人情報等、そこに携わっている期間に得た秘密の事をいいます。
つまりは、その組織にとって大切な情報ってことですよね。

機密保持契約はその情報を第三者に開示しないという約束事になるわけです。

第三者とは、例えば同業他社等がリアルな所ではないでしょうか?

また、この秘密は必ずしも本来の秘密でない情報も対象とする場合にも用いられるそうです。
そしてこの中に、秘密情報の利用の禁止も含まれるようです。

つまり、同業他社へ再就職し
以前の顧客へ何らかの営業活動を行った場合は「損害賠償請求」がされる可能性が充分にあるということです。

具体的には担当していた顧客へ前職務先の許可無くDM等を出したり
挨拶回りをしたりすると大変な事になる可能性があると言う事です。

ですので、例えばお店や会社を辞める時にはそれなりの筋をとおした上で退社することがとっても重要なプロセスになってきます。

引き継ぎや、後任者の育成
どんなに嫌な環境であっても筋を通した話し合い。

特に引き継ぎ業務・・・
特にスタイリストの方でしたらそれなりの顧客や売上げを持っています。

お店からしたらその顧客の担当者がいなくなると迷惑をかける事が想定されますので
スタイリストの方等はきちんとした引き継ぎを一通り済ませる事が筋を通す事になります。

しかし、会社からの指示も無視して引き継ぎ業務をせずに退社してしまった場合も「損害賠償請求」の対象になるそうです。

もう辞めるからどうでも良いや~
辞めたら関係ないし!

そういった甘い考えで退社するのはかなり危ない行動だという事です。

また、この損害賠償請求ですが、請求する側が、損害の金額を、具体的に立証する必要がでてきますので、専門家に入って頂くのがベストかと思います。

さらに、「自由競争を逸脱した違法な行為」として、認められれば違法行為と認定もされすようです。
つまりは、営業妨害行為をしているかどうかで認定されるそうです。

多分ですが、職務中に同業他社との取り決めをした上での退職後
前職務先への営業活動は計画的な営業妨害として悪質な行為になるのではと思います。

まあ、こう言った事をするのもお互い非常に面倒ですので
お店や会社を辞める時は事前に包み隠さず話し合って奇麗な分かれ方を心がけるべきでしょう。

世の中まわり回ると言いますので
お世話になったお店にも迷惑をかけずに旅立つという気持ち。

そういう気持ちが、世間に自分の人間性が評価され
心から信頼されるのではないでしょうか?

関連記事一覧