美容室のシャンプーは高くて売れないっていう理由を無くしてしまおう!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ヘアケアってある程度値段で決めている方って多いのではないでしょうか?
特に市販品を使っている方はヘアケアにはあまりお金は賭けたく無い!

そんな価値観を持っている方も多いかと思います。

しかし、美容師さんはお客さんの頭皮や髪の事を考えると
お店で取り扱うヘアケアをお客さんにご自宅で使って欲しいと思うとそれなりのお値段がしてしまいます。

しかし、あまりにも市販品との価格差がある場合
ヘアケアをオススメする時それぞれこのような事を考えていませんか?

〈美容師さん〉
少しお値段ははりますが・・・高くてスミマセン。

〈お客さん〉
たかっ!良いのは解るけどそれ以上売り込まないで~

こんな、言葉がお互いの心を駆け巡ると
どうしてもその場の空気が濁りますよね。

美容師さんとしては、コレだけは避けたいはずです。

でも、ヘアケアって重要ですよね~

そんなお値段がはる美容室専売品のヘアケア剤を
何故か説明いらずで売ってしまう事例が載っている書籍があります。
※ココで言う説明とは最初のアプローチの予備情報の事を言います。

その書籍のページには・・・


コンテンツタイトル
「買ってください!」と言わなくても売れる仕組み

「買ってください!」と言わなくても売れる仕組み。
何とも、羨ましい仕組みが載っているではないですか?

本書では高いヘアケア剤をどのような仕組みで売っているのかの詳細が事細かに紹介されています。

多分、この仕組みって色々と検証しながら徐々に作り込まれた仕組みなんだろうな~って
読んでいてキット感じるはずです。

だって、メチャメチャ高いシャンプーをです。

「シャンプー何をお使いですか?」
「今人気のシャンプーですが・・・」

なんて、そんな事一切言わないというか
お客さんからしたら売り込まれたって感じは一切受ける事が無く購入を促しているのですから。

ボクの作って来たシャンプーも以前は税込み¥5,040でした。
また、今回発売させて頂いたキュベシノブシャンプープレミアムは¥6,750とかなり高い値段設定です。

きっと、良いのは分かっていても流石に説明して売れるものでもありません。
逆に、売りにくいハードルが大分上がってしまったかも知れません。

しかし、この書籍にはそう言ったヘアケア剤でも売れる仕組みが紹介されているんです。
それも、著者が実際にその仕組みを、自分が経営するサロンで作ったため、信憑性は高いです。

では、その本の著者はというと・・・

ボクの心友でもあるサッカー馬鹿こと勝村大輔
通称かっちゃんです。

かっちゃんは、サッカーという視点で自分のお店のブランディングに成功し
今ではチョットした有名人になっていますよね~

多分、このブログをご覧になられている方の中にも
彼のセミナーを聞いたり、ブログの読者である方も沢山いるかと思います。

そんな彼が先日この「サポーター論」と題した書籍を出版しました。
内容も、彼のブログ同様、凄く読みやすくて分りやすくまとめられています。

amazon→勝村大輔の「サポーター論」

既に、アマゾンで発売されていますので、サッカーのサポーターの様なお客さんを集めたい方や
そのお客さんとの関係性作り、さらには売上げをあげる様々な仕組みのアイディアをお探しの方は非常に参考になるかと思います。

しかし、ホントココまで徹底して更に結果を出している彼は本物の馬鹿ですね~(笑)

是非、キュベシノブやキュベシノブシャンプープレミアムでもこの様な販促の仕組みを取り入れて
必要な方に自らコレ欲しい!って言って頂きたいものです。

最後に今月は何とかっちゃん、そしてまちゃ、ボクというエクスペリエンスマーケティング24期生の同級生同士がそれぞれに自己投影した商品を世の中に産み出したチョット今までにはない7月となりました。

関連記事一覧