今日は記念日になります

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今日は特別な日になりました。

世界的に有名なのは7月4日はアメリカでは「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」 として毎年祝われる日です。

しかし、2014年7月4日は違う記念日にもなりました。

業界にまだまだはびこる風評や、当たり前に対してチャレンジしたシャンプー
正しいとか正しく無いという問題ではなく
もっともっとヘアケア業界の進化発展のきっかけになるような記念日です。

そう、約1年半前に師匠である有本さんから、現行品のキュベシノブの上を行く高品質なシャンプーの開発のヒントを頂きました。

当時、ボクの中でキュベシノブシャンプーは何処もいじれない位の完成品でした。

これ以上のシャンプーは出来ない・・・

そう思っていた時に、あるヒントを頂いたんです。
そう言う視点で商品を捉えると様々なバリエーションが出て来ました。

また、そのヒントを元に処方組が始まったのですがコレが大変(汗)

多分3つ位は組み上がった処方を完全に捨てています。
開発途中でそれまでの処方を捨てるという事は
また0から構想を練り処方を組み直し、テストしながら完成を目指すと言う
頭が変になるくらいの事です。

そんな中、完全にコストも無視さらに、安全性等は確実に確保、そしてそのためには風評被害に近いイメージの悪い原料も思い切って採用するという試みをしました。

もう、世間の風評なんて気にしてられません。
目的は使った方の笑顔のみ!

また、このボクの行動や情報発信で少しでも風評被害に遭っている原料等も見直されたらな~って思っています。

だって、パラベンや香料も今回は堂々と使わせて頂いているからです。

それでいて、たとえ敏感肌の方でも刺激が無ければそれらの安全性は証明されるわけですから。

そうしたら、他の化粧品研究員の方や原料メーカーの方ももっと思い切っていい原料を開発出来たり、良い化粧品の開発が出来ると思うからです。

日本の化粧品業界は世界中でもかなり繊細な処方を組める研究の方が沢山いると思います。

それは、世界基準で見ると肌が弱く髪も弱い日本と言う風土で
化粧品の処方を組みつづけて来たからだと思います。

そんな、化粧品原料や化粧品の処方は世界に誇れる日本の文化であって
国力を支える貴重な財産にもなるのではないかとボクは感じています。

その財産の進化発展がいつの間にか自社の商品を売るための風評競争に巻き込まれ
そのスピードを鈍化させているのが現状ではないでしょうか?

これは、ボクたちのコレまでの反省点でもあります。
自分のために・・・自社商品を売るためのセールストークがいつしか自分の首を絞めていたんです。

油汚れを落とすために旧ローマ時代に誕生した石けんからの進化
旧指定成分を過去にあったものとして歴史に納める
安いものが売れるという価格への概念
売りやすいものと良品との曖昧さ
固定概念化されたシャンプーのデザインやサイズ
様々なグレーゾーンへのチャレンジを試みた作品

それが、本日2014年7月4日にキュベシノブ プレミアム シャンプーとして産声を上げました。


50ml×4(200ml)
¥6,250(税抜)

これから、様々なご意見や評価をされていく事でしょう。
キュベシノブシャンプー程、可愛がられないかも知れません。

でも、多くの美容メーカーさんや研究員の方に少しでも勇気を与えられたらいいな~ってまじめに思っています。

マーケティングの師匠である藤村先生がボクに教えてくれました。
「ニーズを聞くな!価値を売れ!」

ボクたちは消費者の方よりは、専門家として様々な経験も知識もあります。
しかし、ものを売る事を優先したためにいつしか「ニーズ」に答えようとばかり考えた
商品を作ってしまっていたように思います。

全ての商品の存在価値は「不」の改善です。

誰の不を改善してあげられるか?

そのたった1人の不の改善のために作り上げたキュベシノブ プレミアム シャンプー

キュベシノブ シャンプーと違い箱入り娘ですが皆様どうぞ宜しくお願い致します。

【追伸】
偶然なのか本当は狙ってたでしょう~?!と言う事で
ボクの心友のソーシャルマーケッターのまちゃのデジタル販促読本、通常「デジ本」も今日発売です!

チームエクスマ&SSAのまちゃ&セッキーの新作同時発売で~す!!

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

関連記事一覧