汗による肌荒れ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

最近ジメジメしてまとわりつく様な汗をかいたりしませんか?
そんな汗による肌荒れ・・・

嫌ですよね~

湿疹の様な赤く肌がなって痒みをもよおします。
では、何故汗をかくと肌荒れを起こすのでしょうか?

一般的には肌のpHがアルカリ性になる事が一つの原因とされています。

汗は、塩化ナトリウム、尿酸、乳酸その他成分も微量含まれますが、その主成分(99%以上)は水です。

そして、肌表面はこれらによって酸性に保たれ、皮膚に害を及ぼす細菌などの繁殖を抑えています。

つまり、発汗量が増えるとともに肌表面の酸性度も高くなり、細菌に対して抵抗力の強い皮膚状態になります。
が・・・

この汗が放置されると汗のpH値は徐々にアルカリ性になり、肌表面は細菌の繁殖しやすい状態になってしまいます。

これが肌のpHが大量の汗によってアルカリ性になる理由です。

また、日本皮膚科学会雑誌のなかでは、肌荒れをしている方の肌のpHは湿疹の悪化とともに高くなり、黄色ブドウ球菌の数もそれに伴い増えているというデータを公表しています。

さらに、この大量の汗はどうやら、肌の潤いを保っている角質層まで染み込んでいくそうです。
つまり、角質層が汗によって一時的に水分量が増えていきます。

ただし、この水分は時間とともに今度は蒸発していきます。

むかし、保湿スプレーが流行ったとき、飛行機のACサン達が機内の乾燥対策で頻繁に使用していたら、逆に肌の乾燥が酷くなったという話を聞いた事があります。

つまりは、水分を肌に染み込ませた後は、その水分が蒸発する時に角質層内の水分までも蒸発し易くしてしまうという事ですね。

これと同じ現象が肌で起きているという皮膚科医の方もいるようです。

この説を信じると、大量の汗を放置しておくと
肌の水分量が減少し、肌の抵抗力が落ちてしまうと言う事になりますよね。

では、どのような対策がいいのでしょうか?

そこで、ボクはこの汗による水分の蒸発を阻止する方法として
肌表面を油で覆ってしまえばいいのかもしれないと思いました。

つまりは、ホホバオイル等を塗っておく。

ホホバオイル自体も殺菌効果等もあるようですので
汗で免疫力の落ちた肌には心強いものでもあります。

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

関連記事一覧