勉強している方向性を間違えない

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

実は、ボクの実弟は某サロンの店長をしています。
そんな実弟は最近になってようやく、ボクが今している事に興味を持つようになって来ました。

本来ボクに似ている所もあるので
自分なりに色々と調査をしながら正しい知識を身につけようとしています。

そんな、兄弟間であまり話していなかった事が
美容の基礎知識

先日色んな話を久々にさし飲みでしたのですが
どうも、今勉強していることが非常に遠回りの気がしたんです。

その遠回りというのは、勉強している内容が応用力を付ける「基礎」ではなく
表面的な勉強をしていたからです。

今、ボクたちの中では当たり前に学ぶ事
美容師として最低限知らなくては行けない事
教えてくれる先生方

そう言った、必須に近い情報が薄い感じが言葉から伝わって来たんです。

様々なプロフェッショナルな方に触れ、先ずは何から学ぶ事がお客さんにとって有意義なのか?
そう言った事を沢山感じる事が出来たボクとしては、それに軌道修正をする事をアドバイスしました。

本来、美容師さんはお客さんのためになるのであればと言う思いで勉強に励んでいます。

しかし、情報過多の今の時代
その情報が果たしてお客さんに喜んで頂けるのか?

表面的な情報に降り舞わせれているだけではないのか?

という観点で見るとそれを勉強したからと言って
その根幹を知らなければコントロール出来ないんじゃないかな~って言う所が凄く見えて来ます。
(ほんの少しは役立つ事もあるかと思いますが)

何故なら、ボクも過去10年間おもいっきりそう言ったことを
毎日、毎晩勉強し、または交友関係のある美容師さん方としていたからです。

モチベーションは高くても、振り返れば無駄も沢山ありました。
もう少し、学ぶものを吟味した方が・・・
学ぶ先生を全国的な視点で選んだ方が・・・
そういう遠回りしたコトも今となっては若気の至りって思います。

その中で、有効だったのが7~8割
(まあまあ、精度は高いほうかな~)

当然、ボクの立場からして様々な情報が入って来ますので
その中で、自分なりにこれは本質をついていると思うものを勉強して来たつもりです。

しかし、残り3割は今では必要の無い表層の勉強内容でした。

ですので、思いだけで勉強したりすると
今はかって落とし穴に落ち易い環境でもあると感じています。

何のために勉強しているのか?
それは何故そうなるのか?
はたして、その内容は本当に必要な事なのか?
それは、真実なのか?

そう言った視点で勉強内容を見直してみると
いや、今の自分のレベルではいらないんじゃないかな~?

これって、理論的におかしくない?

って、勉強する内容自体を吟味するコトが必要なんじゃないかと思います。

何故なら、必要なコンテンツを見つけ出し
それを効果的に学ぶ事で、お客さんに喜んで頂けるまでの期間が短いからです。

限られた時間、無数にある情報
その中での選択枝

その選択肢を少し経験が多いボクなりに
実弟には伝えました。

かれも、馬鹿ではないので少しづつ気付いてはいたようですが
ボクの話を聞いて、自分の知らなかった世界や、お店を伸ばすために必要な必須項目
それを明確に理解してくれたようです。

良い話の裏には、何らかの意図が隠されているのが当たり前
情報の裏にはそう言ったものは少なからずあるものです。

ただし、その裏にあるモノが美容室や美容室にこられているお客さんに取って最善なものなのか?

それを見極める目を持つ事が必要な時代になったのではないかと思います。

誰とつき合うか
誰の言葉を信じるのか

30を過ぎた頃からボクはその選択をして来ました。
そして、40を過ぎた頃にはそれがより鮮明になって来ました。

美容業界に入り、美容師、メーカー、メーカー影響、商品開発、ディーラー、講師様々なシーンに身を置いて来たボクは今年45歳になります。

いい歳ですね。

そろそろ、若い方へそんな情報の選択方法等も伝えないといけないかな~
なんて、思う今日この頃です。

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

関連記事一覧