シャンプーに大切なのは感性

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

シャンプーを作る時ボクは専用のレーダーチャートを使用し
細かなバランスを研究の方と詰めていきます。

こう見えても、ただ安全なシャンプーを作っているわけではないんですよ~

安全性が高い上に、様々な感覚に訴えるシャンプーを目指すのが難しいけれど面白いんです。

例えば、泡立ち
安全性を優先すると当然泡立ちは弱くなって来ます。

しかし、泡立ちが極端に弱くなると、本来の目的
頭皮の洗浄が指が頭皮まで届かなくなってやりにくくなります。

シャンプーですので、当然髪や頭皮の皮脂を取ります。
泡立ちが悪いとシャンプー剤が頭皮まで行かなくなり、髪ばかりにシャンプー剤が着いて徐々に油分が取れてキュッキュしてしまうんです。

それを、防止するために泡の持ちをどういう設計で長く出来るか?

さらに、泡のキメや指通り等の質感です。

出来るだけ細かくホイップクリームの様な泡が立った方が洗い心地も良く洗い易さも向上します。

さらに、香りも重要です。
消費者の殆どは香りからシャンプーを感じる傾向にありますからね~

キュベシノブシャンプーは良くも悪くも独特の香りを付けています。
そのため、香りが合わずに使われない方もいらっしゃいます。

逆に、キュベのフェイス&ボディーソープはかなり時間をかけて
香りフェチのボクなりの拘りを追求して香り付けしました。

シャンプーは、アダルティーで和を感じる香りに対して
フェイス&ボディーソープは完全に女性への癒しとリフレッシュを狙っています。

香りって万人に受け入れられる事は決してない程難しくて大事なんですよね~
皆に100点をもらおとしたらいつまでたっても完成しません。

そして、もちろん安全性も当然です。
安全性を確保するには無駄なものをあまり入れないほうが良いとボクは思っています。

あれもこれもと様々な成分を配合する事で
シャンプーが濁ります。

ココで濁るという表現をしていますが
濁るとは、色々な成分を入れ過ぎて特徴がぼやけてしまうという意味です。

つまり安全性が優れている
逆にトリートメント効果が高い
ただそれだけでは、現代のシャンプーとしては消費者に認められないって事です。

ただ洗うという目的のシャンプーに消費者は今様々な事を求めているように思います。
求めすぎられても困るのですが、先ずはシャンプータイムが楽しくなる!

そこにはどんな工夫が必要なのか?

使う時にどれだけの感性に訴えられる
安全性やトリートメント効果の高いシャンプー剤を作るのか?

これが、シャンプー作りの面白い所だとボクは感じています。

そんな中、発売間近のキュベシノブシャンプープレミアムですが
6月中に間に合うのかな~?

中身だけではなく、細部にまで拘り抜いているので
ある1点で時間がかかっているようです。

早く商品として皆様にお見せしたいな~

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

関連記事一覧