新人が組織で早く活躍できる心得

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

新人の方が入社してもうすぐ1ヶ月でしょうか?
また、やっと2年目、3年目の方も多いかと思います。

社会人として、2~3年ってまだまだヒヨッコ。

何も解らない事から少しづつ勝手が分かって来たり
知識や技術が身に付いてくる時期ですね。

そんな時期は、組織としては未来への投資期間になります。

そう、時間もお金も新入社員の方をその組織で活躍出来る人財として育成している、正に投資の期間です。

この時期は新人の方は迷う事無く全てを受け入れる事です。

自分なりの考えは芽生えてきても
きっと、その考えはまだまだ経験が浅い中での考え・・・かもしれません。

そう思って、先ずはがむしゃらにやっていく。
そういった時期ですね。

また、働いてあげているという考えも出る人も中にはある事でしょう。
しかし、実は給料をもらいながら勉強しているという立場なんですよね~先輩からしたら。

勉強はお金を払ってするものなのですが
組織に属すると、活躍出来るまではお金をもらいながら勉強ができるんですね。

ですので、働いてやってるという考えは一切通用しないと思うべきです。

例えば5年上の先輩と同じ事ができますか?と言う事です。

・・・5年上の先輩が勉強していないとまずい事になりますが(汗)

そして、勉強も知識や技術以外に、空気を読む事であったり、管理することであったり
伝え方であったり、コミュニケーション力であったりと様々です。

そういった、総合力を社会人として身にまとってくると、その組織で活躍する機会が増えて来ます。

その、第一条件は継続!

やり続ける

考え続ける

これが基本中の基本ではないでしょうか?

決して、諦めてはダメですよ~!

誰でも1年生は経験しています。

悩んだり、悔しかったり、辛かったり
しかし、この時期にそれは必要な経験なんですね。

知らない事や、やった事が無い事ををドンドン経験する事で
確実に脳内の組織が発達していきます。

組織で現在活躍している人は何をしたかというと
それをただやったからではないでしょうか?

見方を変えれば、それをやり続けられる人が少ないので
やり続けた人が活躍しちゃったとも言えますね。

ですので、やり続けましょう!考え続けましょう!

必ず、未来を明るいものにしてくれます。

やめようかな~やった方がいいかな~という選択は
環境や人ではなく自分自身に全ての責任がある事を肝に銘じておきましょう。

関連記事一覧