手荒れ撲滅運動でご紹介頂きました

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

昨年ですが、手荒れ撲滅運動の中心人物
美容室オーナーの松島さんから、この活動を取材したいとの声があるのですが
関川さんやまちゃさんも是非一緒にとのお声かけ頂きました。

ボクも、美容室の手荒れは無くしたくて色々と動いていましたので賛同させて頂きました。
そして、今年春に美容検索サイトの「ビューティーナビ」さんへお邪魔させて頂きました。

その記事はこちらで是非
関川 忍氏×松島 亘氏×平松 泰人氏
「『手荒れ撲滅運動』を通して伝えたい“本当に大切なこと”」

ここに集った3人はそれぞれが美容業界に長年にわたって携わって来ました。
ボクや松島さんは美容師もしていました。
まちゃは、大手ディーラー2社を渡り歩いたスーパー美容室サポーター

それぞれの視点で美容を見つめると
依然として変わらない習慣がありました。

その習慣が「手荒れは当たり前。一人前になれば治る!」
という、良く無いものでした。

それぞれが、出会う前から心の底でくすぶっていた「無くしたい」嫌な部分がそこでした。

自然にそんな思考が引き合わせたのか
キュベシノブやマイクロバブルがそのつながりのきっかけを作ってくれました。

どんなに、スタッフさんを思っていると言葉を並べようが
スタッフさんの手荒れを放置しているお店は絶対にあってはならない!

そうボク達は常にそう思っています。

そのための、シャンプー知識であったり
シャンプーブース周りの設備の充実であったり
肌の構造やトラブルの知識etc・・・

こう言ったことを知った上で開業するとか
お客さんに接する

だって、シャンプー剤であろうが、パーマ液であろうが、さらには水であろうが
全てが肌や髪になんらかの作用を起こします。

ですので、それらを知り
マイナスに作用しない事を心がけなくてはいけないんじゃないでしょうか?

だって、それらはほんの数時間でもお客さんに触れるものですから・・・

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧