寿命を延ばす方法はあるの?

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

人はいつかは死んでしまいます。
それって、当たり前ですが嫌ですよね~

そして、出来るだけ長生きしたいと基本的に思っている・・・ハズ!
ボクも少しでも長生きしたいな~って思います。

ただし、ぼけ老人になって下の世話をされるくらいなら
天国に行った方がいいのかな?

なんて言う事も考えてしまいます。

そんな、寿命は基本的には細部分裂がストップした時に命のスイッチが切れます。
この、細胞分裂を長~く繰り返す事で実は寿命という砂時計が徐々に減っているんですって。

その砂時計が「テロメア」
テロメアは真核生物の染色体の末端部にある構造だそうです。

このテロメアの長さが細胞分裂を繰り返すたびに少しづつ短くなって、最後には0になり、天使がお迎えに来ます。

そこで、このテロメアが少しでも減らないような研究が色々とされてます。
その一つはカロリー制限によって、寿命を延ばす働きをすると信じられているサーチュイン遺伝子(SIR2)

ボクも専門家ではないので、詳しい説明は出来ませんが、細胞分裂の時に遺伝子の転写を正確に繰り返すものかと思いますが、この転写に変動があると老化していくそうです。

つまり、カロリー制限はその変動を抑える効果があるのではと言われています。

また、別の角度ですと「サプリメント」による「テロメア」現象の抑制です。
この効果は赤ワイン等に多く含まれるポリフェノールの一種である「レスベラトロール」に効果があると言われています。

このレスベラトロールは、テロメア周囲にテロメアの劣化を防ぐ「ヒストン」というバリア機能みたいな働きをするところがあるのですが、その機能の劣化を防止する働きがあるようです。

つまり、細胞レベルの老化は、ヒストンの働きを強くする、または回復させるレスベラトロールを補給する事で、それを食い止める事ができる。

そういう事になります。

ですので、レスベラトロールは寿命を延ばすスイッチをONにするとも言われているんですね。

長生きしたい方や、長生きして欲しい人には、「レスベラトロール」
面白いかも知れません!

★本ブログに出てくる情報へのご質問、お問い合わせはFacebookメッセージにてお願い致します。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧