キュベシノブ誕生秘話 第一話:キュベシノブがお店探しの目印に!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

そういえば、「キュベシノブシャンプー」に関する情報を発信していない事に気付きました。

シャンプーソムリエと名のる自分が魂を込めて作り込んだシャンプーの話題がこのブログにあまり出てこないのも、おかしいのでは?と気づき今回はキュベシノブについてお話しさせて頂こうと思います。

このシャンプーは7年前に、娘のアトピーを改善したくて作りました。
工場からサンプルが出来上がる度に、娘の肌と髪でテストの繰り返し。

娘はアレルギー試験で6項目もアレルギーを持っていましたので、シャンプー以外にも色々と改善策を勉強して来ました。

お陰さまで、今ではそういった方からのご相談にもボクなりのアドバイスも出来るようになり、ご報告等を頂くと症状が改善されているようでホント嬉しいです。

そんな、死にものぐるいの勉強の末、ようやく娘も痒がらずにシャンプーが出来るシャンプーが完成しました。
商品名は「ランテージュシャンプー」


400ml ¥4,800(税抜)
ランテージュシャンプー

キュベシノブになった今でもこの名前は入っています。

ただ、第一作の初期型は、泡立ちや質感等に関しては70点のレベルで商品化になりました。

その後は、同じ様な悩みを抱える美容室へ少しづつ卸させて頂いていました。

そして、今度は美容師さんからのご意見を頂きながらリニューアルの繰り返し
肌に対して考えてシャンプーを作ると、以外と洗い心地や、質感が悪くなってしまうんです。

4度目のリニューあるの時に、いつの間にか口コミで美容業界外にも
「こんなやつが、こういうシャンプーを作ったって・・・」
広がりはじめていました。

広めたのは、今一緒に仕事をしている濱本ですが(笑)

ボクが、原料とにらめっこしている間に、シャンプーが一人歩きしはじめていたんです。

そういう事で、沢山の方が4作目のシャンプー「現キュベシノブシャンプー」に期待をして頂き、遂には2010年に株式会社マイクロバブルパートナーズを立ち上げ、2011年に「キュベシノブ」というネーミングになり、イメージを一新して発売させて頂きました。

この時に、あるメディアの方に「シャンプーソムリエ」を名のる事を勧められました。

その後、このブログやSNSのお陰で全国に広がっていったのですが、ボクは自分で作ったシャンプーなので余計に恥ずかしくて積極的な営業活動は出来ませんでした。

また、商品のお問い合わせがあり、商品を納品させて頂くときは、自分の子供をお嫁にだす感じです。
だから、下手に売れないし、粗末に扱われるのがいやなんです・・・(汗)

しかし、それが逆に良かったのかな~?!

それは、キュベシノブシャンプーが嫁いだお店の方達が、本当にキュベシノブを愛して下さっているからです。

さらに、ふたを開ければ、とっても勉強熱心で技術力も知識も高い地域でも名の知れたお店にしか嫁いでいなかったからです。

正に、親としては嫁いだ先が良い所ばかりでホットしています。

そのため、最近はキュベシノブを取り扱っているお店だから行っていると言う一般の方からも時折メッセージを頂いたり、Facebookで友達申請を頂くようになりました。

ある意味、信頼の証にもキュベシノブは育って来たんだな~って、これまた親目線で嬉しく思います。

次回は、キュベシノブの処方の考え方についてお伝えしたと思います。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧