もうあの世間で話題となったシャンプーが終わるらしいです

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日も色々な打合せや出会いの場に恵まれ、沢山の情報を頂きました。
なかなか聞けない面白いお話を数度のMTGをしながら沢山して頂けました。

そういえば、最近は異業種の方との接触が凄く増えました。
そんな中、身近な話題では、あるシャンプーの今後の国内市場の行く末で興味深いお話も幾度か聞きました。

その話を聞くと、あ~ブランド力のある商品でも、売り方が乱雑になると、徐々にファン客が消えていくんだな~って思ってしまいました。

だって、ブランドって何処でも買えるものではないから、何処でも手に入るようになると逆に皆が欲しがったり、価値が上がっていくものですよね。

でも、お金儲けが出来るなら何でもやっちゃうって・・・ファンとしたらがっかりしますよね。

ネット、直営店、セレクトショップ、美容室何処でも買えてさらに、その取り扱い店舗が多すぎると言うのが決め手だったそうです。

既に、一般消費者が別の商品に移行しはじめているそうです。

それでも、商品力があれば未だ良いのですが、イメージ力はかなりあったその商品ですが、商品力はそれ程では無いとの評判でしたので、消費者をつなぎ止めることが難しくなったもう一つの原因ですね。

現在美容室でもイメージが良いので取り扱っていらっしゃる所もあるかと思いますが、消費者は怖い程シビアですね。

後2年もしたら、どうなっているのでしょう?

これまでブランドイメージを消費者に植え付けるマーケティングは上手でしたので、売り方を変えてくるのか、今後の動向が楽しみです。

ブランド=希少性

売り場、価格、品質、サービス、物語、そして責任。
色々な要素がそれを作り上げています。

今回のお話でそのことを痛切に感じました。

※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

関連記事一覧