シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどっちが良いの?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

最近、美容師さんからもノンシリコンシャンプーとシリコン入りのシャンプーの違いについての見解を求められることが多くなりました。

そこで、今回は安価なノンシリコンシャンプーと、安価なシリコン入りシャンプーについてボクなりの見解をお伝えしようかと思います。

これは、あくまでも安価なノンシリコンシャンプーに関して成分解析をした上でのボクなりの見解です。

まず、シリコン入りシャンプーですが、これは昔からボクはシリコンは「消泡剤」ですので、シリコンをシャンプーに配合すると、泡立ちが極端に悪くなるので、洗浄力や起泡力の高い界面活性剤を使うことに成ると言っています。

ですので、結果脱脂力の強い安価な界面活性剤が主剤になります。

そして、安価なノンシリコンシャンプーですが、このシリコン入りシャンプーのシリコンを抜いただけ。
そう考えて頂ければと思います。

シリコンが入っていない分、界面活性剤の量は減らすことが出来ますが、安価な脱脂力の高い界面活性剤が主剤であることは変わりありませんので、単なるシリコン入りのシャンプーのツルツル感が落ちたシャンプーと言うことになります。

ですので、何が違うのか?

と言われれば、単純にシリコン入りシャンプーから、シリコンを抜いただけです。

そうボクは結論づけています。

はっきり言って、シリコン入りシャンプーよりもコストが安くなる分メーカーは儲かりますよね。

全てのノンシリコンシャンプーがそうであるとは言えませんが、安価なノンシリコンシャンプーに限ってはほぼこのような処方が組まれていますので、オススメは出来ませんね。

ですので、ノンシリコンシャンプーは良いですか?
と聞かれても、良いですよ!ってお答えすることは出来ません。

いかがですか?
何となく、ノンシリコンシャンプーのからくりがご理解頂けたでしょうか?

そして、ホントに髪や頭皮に優しいノンシリコンシャンプーはどう考えてもかなりの値段がするものです。

ブログがなかなか書けない・・・でも
情報発信をより伝わり易くしたいとお考えの方は観て下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧