商品開発と責任

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

なんだかんだ、結局1年かかってしまいました。
ボクは商品開発が凄く好きですが、それと同じ位一番辛~い作業でもあります。

形の無いものを様々なイメージの中から導きだし、そして沢山の感覚を総動員して試行錯誤を繰り返す。
そして、特定の人が何得してくれる迄、なんども作り直す。

今回のシャンプーもそうでした。

基本的に、流行のものを作るわけでもなく、何かを真似て作るわけでもなく
ただただ、自分の中の理想と戦い続ける。

時には、自分の中にある「正」や「拘り」も否定しなければいけません。
そんな、様々な葛藤もあるんです。

それは、ある意味、大切に握りしめていたものを手放すことにも似ています。
だから・・・心が折れそうになる時も実はあるんです。

しかし、やるのは自分だけ。
誰も、助けてくれない・・・いや、誰かに助けを求めた段階で、その商品はボクのイメージから遠のいていく。

だから、1人で考えなくてはいけません。

確かに、処方を最終的に組むのはボクではなく、信頼している専属の研究員の柏さんですが
彼女はボクの理想を形にしてくれる人。

しかし、その理想は誰でもなく、ボクしか持っていない。

だから、1人でとことん考えるしかなんです。

そんな、商品開発をしている時、ふと会社や応援してくれている沢山の方々の事等を考えると、怖くなる時もあります。

でも、自分しかいない・・・。

これが、責任っていうものなのでしょうね。
今回も、誰もやっていなかったシャンプー開発にチャレンジしました。

多分、このシャンプーが商品化された頃にはボクの中では次の挑戦が始まっているのかな~って思いますが、やっとココ迄きました。

こんな、ボクの背中をおしてくれたのは、他の誰でもなく師匠である有本さんです。
ホント、心が折れそうな時の「良いシャンプーになるよ!」の一言が何れだけ勇気づけられたことか・・・(涙)

そして、キュベシノブを大切に育ててくれている全国の取り扱い店舗の方々の
「期待しています!」「発売楽しみにしています!」の声でした。

これからは、ボクの手からパートナーの濱本の手に渡り商品化されていきます。
どんな、シャンプーとして発売されるのか?

今後、少しづつ形が見えてくるかと思います。
皆様のご期待に添えると嬉しいな~って思っています。

ブログがなかなか書けない・・・でも
情報発信をより伝わり易くしたいとお考えの方は観て下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧