お客さんの来店周期を早める

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今迄の美容人口のボリューム層が徐々に年齢が高くなり
以前の美容消費の勢いが衰えて来ていますよね。

そこで、美容室としても顧客の数を真剣に考え始めましたが
以前と同じやり方ではこの数の維持が難しくなって来ました。

売上げはお客さんの数と、お客さんの単価ですので
この「数」は重要です。

そこで、来店頻度を増やすことも考えなければいけないのですが、
今迄は年間平均4回程度が今は3回くらいになっているのでしょうか?

さらに、ヘアカラー等をご自分でされる方が非常に多いので
単価の維持も大変ですね。

・・・パーマは伸び悩みのようですし。

そこで、何をどうしたら良いのでしょうか?

様々な方法が考えられると思うのですが、単純に考えればお客さんがキレイになるためにお金を払う業種、業態が1軒に集約されていれば来店する理由は沢山出て来ます。

身近な所ですと、ネイルですよね。
また、スパも本格的に力を注ぎ始めている美容室では大当たりしている所も出て来ています。

こういった市場の変化を考えると
割引チケット制等も有効ですが、もっと王道を行くならば・・・

奇麗になれるメニュー要素を沢山準備している。
でも、できるかな~。

確かに不安は沢山あります。
でも、時代は大きく変化しようとしています。

そんな中一番重要と言われるのが「本流」であるかどうかです。
美容業は何をするための業種なのか?

この可能性に真剣に向き合うことで色々な出来ること
今迄の、古い因習によってやれてなかったこと

そういうものが見えてくるのではないでしょうか?

そして、それを本気で形にしようと行動に移せたなら
今の時代は、SNSの登場により以前よりも形にし易い環境が出来ています。

ようは、それが人の心を動かすくらいのコンセプトを持っているのか?
本当に、人を幸せにしたいと思った行動なのか?

その想いをSNS上では敏感にジャッジしてくれるんですね。

少しは、伝わったでしょうか?
人との繋がり方や想いの広がり方が変わった。

そういう環境になったことを再認識して
来店周期という問題に向き合うのも一つの方法です。

ブログがなかなか書けない・・・でも
情報発信をより伝わり易くしたいとお考えの方は観て下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

関連記事一覧