日本の美容師さんはガラケーかスマートフォンか?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、ココ1年で美容業界に新しい理論&技術として広がっています
縮毛矯正の技術を見ました。

様々な改良点が施された最新の縮毛矯正は10年前を振り返ると
髪に対するダメージや理論的背景が丁寧に解明され進化している事がよくわかります。

また、それらを補う器具や道具も当時は影も形もありませんでした。
じゃあ、お隣の国ではどうなのでしょう?

まだまだ10年前の日本で行われていた技術、道具が主流とききます。
そう考えると、日本の美容自体が独自の進化を遂げているように思えます。

携帯端末で言うと「ガラケー」とでも言えますかね~。
しかし、ガラケーは世界には通用しない・・・
言い方を変えれば、独自の進化を遂げたばかりに使えない。

そこで思うのです。
iphoneを代表とするスマートフォンに日本の美容はなれるのか!?

・・・って。

そのためには、世界にもっと日本の美容を広げたほうが
もしかしたらアップルのようになれるのではと感じています。

随分と大きな話だな~って思うかも知れませんが
今後日本国内は人口が減るばかり!

つまり、国内市場は確実に縮小傾向にあります。
今以上に日本美容業界が成長するには人口って非常に重要なキーワードになってきます。

つまりは、ガラケーではなく日本美容業界の選択するのはスマートフォン化ではないでしょうか?

そのためには、iphoneのように、デザインや機能、使い易さ、アップルストアー等の周辺コンテンツのクオリティー、何れをとっても隙がないような美容を目指さないと行けないのかな~って思います。

現在、そこを目指し先頭を走って頂いている美容師さんがいます。
本当に心強く思いますし、頼もしいです。

それを、サポートしてくれる心ある熱いメーカーさんがいます。
細かなバックアップをしてくれる頼もしいディーラーさんがいます。
その考えを業界に広げてくれる専門メディアの方がいます。
積極的に外部講師を起用する素晴らしい専門学校があります。

そういう目的、そういう志。

この業界に携わる方々の共通認識
それが「世界の美容のスマートフォンになろう!」

・・・であったらと思いませんか?

ブログがなかなか書けない・・・でも
情報発信をより伝わり易くしたいとお考えの方は観て下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


※読者の方で以下に心当たりがある方はご一報頂けたら幸いです。
以前、本ブログをお読み頂き、熊本の有本氏(ボクの師匠)へ、頭皮や髪のご相談を頂いた女性の方。その後の状態はいかがでしょうか?有本氏が気にかけられておられますので、お手数ですが、ご連絡を入れて頂けます事をお願い申し上げます。

【追伸】
貴女様の勇気あるご相談に心から感謝致します。
私たちも貴女様の様な方を救う活動を2014年から「SSA」という美容師さん向けの学校を全国に展開し、積極的に行っていきます。

関連記事一覧