世の中のお役にたって誰かに感謝される

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今日は、セミナーのため朝一で静岡県三島市に来ております。
会場入りまで時間が少しあるので、その前に先日福島へ行き、震災の展示を改めて見て心に響いた事をブログに書きたいと思います。

その言葉は、被災地に救援部隊として派遣された大分県警部隊へ本部長が贈った言葉ですが
何のために仕事をしているのか?自分の存在価値は?

という事を思いながら読んで頂ければと思います。


3/11

 

こういう状況にて・・・


展示されていたポスターより

3月15日 午後10時10分ごろ

人として生まれ
男として育ち
自ら警官の困難な道を選んだ、
その諸君だからこそ
預けられた任務である。

現場は困窮している。
助けを求めている。

必ず任務を果たせ。
お役に立て。

現地では自活を第一とし、
被災者以上の処遇を求めてはならない。

そして、全員無事に帰任せよ。
任務を果たし、

全員の無事の帰還を待っている。

大分県警本部長
激励の言葉(部隊出発式より)

世の中のお役にたって誰かに感謝される。

ビジネスが成り立つ根本はそこだと思うのですが
日常雑多の中にいるとツイ忘れてしまいそうになります。

そんな、自分をハッとさせてくれた3.11の物語
ボクは、何のためにこの仕事をしているのか?

自分に与えられた仕事の意味を時々振り返ることも大切ですね。

ブログがなかなか書けない・・・でも
情報発信をより伝わり易くしたいとお考えの方は観て下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

関連記事一覧