マネージャーの責務

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

組織の中で大暴れできるぶんその責務が重いのが「マネージャー」と言われる方ですね。
職種はマネジメントを行う人で、特に部門管理者や支配人と言われる方です。

スポーツ界でも英国圏のサッカー等のクラブチームでは「監督」をマネージャーと読んでいます。

きっと、お店の中にも「マネージャー」と呼ばれる方、または「マネージャー」候補者がいらっしゃるかも知れませんね。

マネージャーという立場は、組織内ではいったいどんな立場なのでしょうか?
以下に図で表記してみました。

マネージャーは、経営者的視点で組織を観なければいけません。
しかし、自分の下には部下と言われる社員メンバーがいますので、その社員視点も考慮していなければいけません。

そして、その両方を自分の立場で考える視点が必要です。
さらに、いかなるときも目標必達の意識を持っているコト!

このような、責務を実行するマネージャーにとって必要なスキルは山ほど必要になって来ますよね。

特に、組織の中心てきポジションのためコミュニケーションスキルがなければ、目標達成は難しいでしょう。
さらに、社員さんを教育するスキルも不可欠です。

これらをこなす優秀なマネージャーがいる組織と、いない組織とでは、きっと大きな差が生まれるはずです。

経営者が優秀でも、このポジションの優劣は非常に重要です。
マネージャーの肩書きを持つ人、目指す人は様々なスキルが問われます。

そして、その力が組織成長に大きな影響を与えているという自覚が必要ですね。
歴史で言うと、直江兼続や黒田勘兵衛のような人の事を言うのかも知れませんね。

関連記事一覧