全てケミカルなのにね〜?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

もうそろそろ「オーガニック」コスメブームも落ち着くのではないでしょうか?
ココまで情報入手がカンタンになった時代ですから

消費者もオーガニックコスメが世の中に存在しない事を徐々に知る事になるでしょうね。

唯一、オーガニック成分をふんだんに使用していますというフレーズは引き続きイメージ的に残るかも知れませんが・・・。

そのうち、オーガニックは肌や髪を直接的に改善出来ない事も認知されるんじゃないでしょうか?

ハッキリ言って、世の中のコスメはほぼケミカル成分で作られています。
逆に、だから肌に優しい商品も作れるんですけどね。

今の所、ケミカル成分が肌に悪いという認識がありますが
それは、その成分の品質グレードの問題であったり、原料にキャリーしている他の成分が原因であったりする事の方が殆どです。

腐り易い原料には元々かなりの防腐剤が使用されています。

そうでないと、製品にならないからですけどね。

エキス系はそうでもないようですが、製品自体の品質を安定的に保つには何らかの防腐効果のある原料が使われます。

防腐効果の弱いもの、強いものと様々ですが、アンチ防腐剤が世間で謳われ始めた頃から
有効濃度まで使えなくなった原料も多々あるそうです。

肌を健康にしたい、髪を奇麗にしたいと消費者は思っていますが
作る側としては、それに適した成分を・・・

例えば3%使用したいと思っても
1%以下しか使えなくなっているのも現状です。

何故なら、本来パラベンという最もコントロールし易く、少量で防腐効果のある成分をイメージ的に使えず
別の防腐効果のある成分を探し原料の段階で配合します。

すると、1%程度でしたら皮膚刺激がないものの
有効濃度の3%を使用した段階で、パラベンの3倍5倍と防腐効果のある成分の配合量が増えてしまいます。

すると、その段階で皮膚刺激に繋がったりしてしまうからなんです。

あまり知られていない防腐剤を使用している商品は、何れくらいの防腐剤が使用されているのか不明なところですので、安全そうで実はかなり危険とも言えます。

また、それを考えた上で少なめに配合されているシャンプー等は
防腐効果が弱いので、見た目では分からないかも知れませんが、高温多湿の雑菌の繁殖し易い環境においてありますので、濡れたキャップの隙間から、ポンプの穴から雑菌が入り込みシャンプー剤の中に沢山繁殖してしまいます。

つまりは、開封したら使う時だけお風呂に持って行き、使用後は直射日光の当たらない涼しい所に毎回おいておくという使い方が必要です。

今は、そういう情報が入手困難ですし、使うまでの善し悪しで商品が売られています。
しかし、重要なのは開封から使い切るまでの間、どれだけ品質を清潔に安定して保てるのか?

そこまで、考えた上でいい製品と言えるとボクは思います。

オーガニック製品ファンの方には少し残念な記事になってしまいましたが、これが真実ですし、肌や髪の事を考えたら、真実を知って欲しいな~って思い記事にさせて頂きました。

だって、茶色に変色してハエがたかっていそうなリンゴより、切り立ての真っ白なリンゴの方が美味しいですし、お腹壊したりしませんからね~。

関連記事一覧