還元剤戦国時代

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ここのところ、沢山の還元剤が登場しましたね。
そして、あれよりこれがいい、こんな還元剤が出たよ。

なんて、言う事がどれくらい続いているのでしょうか?
ボクもこの流れに振り回されないように勉強していますが
それにしても大変な状況です。

だって、勉強しているうちに次々に状況が変わって行くんですからね。

そして、それらを取り扱う美容師さんも還元剤事情のめまぐるしい変化にかなり翻弄されているのではないでしょうか?

ボクは、たまたまそんな還元剤戦国時代において
それらをジャッジできる方々と直接お話が出来るので助かっていますが
殆どの美容師さんはメーカーさんから次々に出てくるパーマ剤情報についていけてるのか心配です。

そういえば「還元戦士」というシリーズの薬剤がありますね~。
神業的な処方が施された薬剤ですけど・・・面白いです♪

シャンプーソムリエ関川忍のBlog
正に還元剤戦国期に戦える?薬剤(笑)


当然、売りとしては各メーカーさん新規原料が入ればそれを説明します。
・・・当たり前ですが実はそのセールスポイントに翻弄されるんですよね。

また、配合%が上がったりという薬事の変更や
臭いが強い、臭いが少ない等の独自処方の説明
酸性だ、低膨潤だなんだかんだ・・・。

そこに、パーマのかけ方も様々であって
それに伴う理論も様々。

ん~どれが本当はいいのだろうか?

そろそろ、落ち着いて欲しいものですね。
でも、殆どのメーカーさんは新商品を出さないと売上げが立たないという状況だそうですし
それを美容室へ紹介するディーラーさんも同じくでしょう。

そういった状況は前には中々進めないというか
前に進むためにそういった情報のジャッジができないと
間違った方向へ行ってしまう事もあり得ます。

つまり、それらに翻弄され
結果、お客さんに迷惑をかけてしまう可能性があるという事です。

そうならないために、美容師さんは根本的なパーマデザイン理論と技術
そして薬剤知識をきちんと持たないといけないんですよね~。

関連記事一覧