いいシャンプーとは?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

昨夜から熊本入りをしておりますが、辺りは厳戒態勢。
そう、天皇陛下が熊本入りをされているということで、警備が厳重なんです。

そして、ボクは陛下が宿泊されている近くのホテルに泊まっておりますが
こんな身近な所でホテルは別としても同じ夜を過ごせるとは光栄です。

そして、最近思うことは、シャンプーでいいシャンプーって何だろう?
そういうことを考えるようになっています。

ボクは、娘にとって、また娘のような子をもつ母親にとってベスト(自分の中で)と思うシャンプーを作りました。
しかし、それ以外の方には合う方、合わない方、またはそれ以上に合うシャンプーをお使いの方がいらっしゃいます。

たんなる、儲けや話題性を主としたシャンプーらしきものも市場には沢山出ているようですが
心を込めて作られたシャンプーもまた沢山市場に出ていることかと思います。

そう考えると、いいシャンプーって何だろう・・・?

そう思うと、各個人にとって質感であったり、刺激であったりがベストマッチしているもの。
これがいいシャンプーとなるはずですね。

その中で、頭皮に対して考えているシャンプーはマストではないでしょうか・
頭皮は髪を作り出す大切な土台。

その頭皮を衛生的に健やかに保シャンプーが一つの基準になって来るかとボクは思います。
そして、その上で髪に対してどうなのか?

脂性肌、普通肌、乾燥肌の方や、敏感肌、弱敏感肌、ノーマル肌という肌別で先ずはシャンプーを選ぶ。

キュベシノブシャンプーは乾燥肌+敏感肌の方向けに作りましたので、脂性肌+敏感肌の方には若干重さ等が感じる場合もあるかと思います。

そう、ある方にとってはベストですが、別の方には普通であったり、悪いシャンプーになってくることもあることもありますね。

ですので、今の段階でのボクのオススメはキュベシノブも扱っていながら、それ以外のシャンプーも扱うこと。

これが、美容室では必要なのではないでしょうか?
たまたま、シャンプーをお使いの方が乾燥肌+敏感肌の方が多いお店の方の場合はキュベシノブオンリーってこともあり得るのですが、それ以外のお客さんも決行いる場合はやはり、数種類のシャンプーを取り揃えておくことがお客さんのアフターケアの保証には有効です。

できれば1ブランドで取り揃えておくのが楽でいい。

そう思う方もいるかと思いますが、1ブランドで全てをまかなうコトは今現在流通しているシャンプー類ではなかなか難しいのではないでしょうか?

ですので、アフターケアの重要性を考えている美容室の場合は、お客さんのタイプ別にどんな界面活性剤を使用したシャンプーが必要なのか?

それを、原料レベルで検討し店頭に並べることが必要かと思います。
あなたのお店はにはどんなお客さんが多く、そのためには何種類のシャンプーが必要なのでしょう・・・?

そのためにも、シャンプー&頭皮の関係性は先ずは考えるべきかとボクは思ってます。

その上で、髪のコトを考えることで、あなたのお店に必要な種類のシャンプーが見えてくるはずです。

関連記事一覧