肌荒れと気圧配置

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、ある40代の女性から頭皮の乾燥のご相談を頂きました。
丁度額の左上部の髪が生え始めている所の頭皮が最近カサカサでフケが出る状態です。

シャンプーは市販品をお使いのようでしたが、どうもシャンプーが原因ではないような気がします。
この症状は乾燥が原因で起きているます。

つまり、その部分の皮脂の分泌量が極端に少なく、皮脂は肌の水分の蒸発を抑える役割もありますので、頭皮の水分が逃げ易い状態になっています。

少し、ヒヤリングをさせて頂いたのですが、この症状はボクの娘も以前はなっていました。
皮膚科へ行くとアトピー性皮膚炎と診断され頭皮用の薬を出して頂いた経験があります。

しかし、それ以外の肌は至って健康的で水分量は多い感じです。
そこでボクはいつ頃からなのかを聞いてみたら、予想通り9月くらいから徐々になって来たというのです。

何故予想通りかと言いますと、40代くらいになる女性は実は気圧の影響が肌に出やすいと予測したんです。
例えば、春や秋の時期は気圧配置が変化して行きます。

今の時期は西高東低の冬型の気圧配置に徐々に移行してくる時期です。
ちなみに、夏は南高西低が夏の気圧配置です。

この変化の狭間に女性はホルモンのバランスを崩し易くなります。

ですので、なんだか肌がムズムズするとか、体調が優れない、今まで大丈夫だった化粧品が突然合わないときが出てくる等のいつもと違う症状が出て来ます。

俗にいう「ゆらぎ肌」の季節ということです。

こういうときは、ホルモンバランスをとる心がけをされることをお勧めします。

サプリメントの先生にお聞きすると、ガンマリノレン酸(炎症を抑えるプロスタグランジンE1の分泌を促す)、αーリポ酸(肌の抗酸化が得意)等が敏感肌にはいいようです。

その他イソフラボン、ビタミンE、亜鉛、パントテン酸、マグネシウム等がホルモンバランスを整えると言われています。

関連記事一覧