界面活性剤の特徴

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクは相変わらずシャンプーの様々な姿を日々観察し、頭の中で妄想しております(笑)

色々なシャンプーが◯◯専用等と発売されていますが、あくまでもボクはシャンプーの基本は「界面活性剤」の特徴が軸だと思っております。

そして、凄く拘ったシャンプーですとHP等で宣伝をされているものもありますが、界面活性剤をみると本当にこれは◯◯専用なのか?と思うシャンプー剤も沢山あります。

例えば「両性界面活性剤」という活性剤等は、色々なシャンプーをみると基剤として使っているものが沢山あります。

つまり、一番配合量が多い活性剤で使われているのですが、代表的なもので「コカミドプロピルベタイン」や
「ココアンホ酢酸Na」等があります。

どう見ても、低刺激な界面活性剤なので◯◯専用と謳う様な特徴はボクには感じられません。
そこで、洗浄助剤に特徴的な界面活性剤を使用しているかと言えばそうでもないシャンプーが殆どです。

では、有効成分に特等があるのかと見ると、それ程のものが入っているわけでもない・・・?

そう言ったシャンプーが沢山発売されていますが、果たして謳い文句と結果が伴っているのでしょうか?
もし、そうではないとしたら実はトリートメントによって特徴を出しているのかも知れません。

となると、シャンプーの種類ってそんなに必要なのでしょうか・・・?

実はつい最近、ネット上で良く見かけるシャンプーを100種分析したのですが、あまり界面活性剤の特徴を生かしたシャンプーが無いことに気づきます。

肌に優しいもの等はありますが本当に
ダメージケアなのか・・・?
ヘアカラー向けなのか・・・?
ウェーブパーマ向けなのか・・・?
ストレートパーマ向けなのか・・・?

そういう「?」がつくものがかなりありました。

ボクの中では、肌に対して低刺激で特徴のある界面活性剤を目的別に分類しているのですが、その殆どが中立的な界面活性剤です。

中立的とは、ダメージ、ヘアカラー、ウェーブパーマ、ストレートパーマ等何れでもそこそこ行けるものというコトなのですが、それを売り方で「◯◯専用」と謳うのはどうかと思っています。

買い手としては分かり易いですが、それを使わずともという感じなんです。
・・・ボク的に。

消費者の方は、きっとそれを期待して購入していると思いますがそれで満足されているのかが疑問です。

今後は、こう言った界面活性剤の特徴を伝えて行くことが、自分にあったシャンプー選びのもう一つの基準づくりの知識になるのかも知れませんね。

関連記事一覧