文章力が問われる時代・・・?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

最近は、社員さんの文章力強化に力を入れ始めています。
文章って意外にその人の人柄が出てくるもので、社員さん達の文章を読むとそれぞれの個性が良く分かります。

あ~この人はこんな営業をしているんだな~。
この人はこういった感じでお客さんと話しているんだな~って。

今は殆どの情報がWEBで入手する時代。
つまり、映像以外は全て文書と、写真での情報発信となります。

また、ニューズレター等も文章ですし、名刺もDMも全て文章。

ですので、文章の書き方次第で伝わり方が違うってことも言えますよね。

つまりは、本当に伝えたい事がある時には、文章力がそれを左右する時代なのではないでしょうか?

そして、文章力が高い程、実はプレゼン力が高い様な気がします。

・・・何故なのでしょう?

ボクなりの仮説ですが、社員さんに文章の添削をする時に、色々な状況や対象者の思考ってどうだと思う?

そんな、質問を投げかけながら文章の修正点を考えてもらうのですが、以外と構成自体や伝えるポイントがズレている事が分かります。

または、いつのまにかズレてしまう。

しかし、文章力が上がると当然、伝えるための全体の構成や、そこに含めなくてはいけない内容が浮き彫りになりますので、結果プレゼン力が身に付いて行く。

そんな気がします。

また、一つの話に関しても話題が乏しかったり、ワンパターンで今ひとつ深みが無い場合も、文章力に乏しい方が多いのではないでしょうか?

文章って自分の思いを伝えるためには、相手の思いや思考を理解する事が第一前提なので
言葉でも、文章でも、映像でも同じ事が言えるかと思います。

伝える力を付けるためにも文章力を身につける事は大切な事。
そうボクは思いますが、どうでしょうか?

色々な文章力を鍛える本も出ていますし、ボクも沢山読みました。
その中の一つを最後にご紹介させて頂きます。

シャンプーソムリエ関川忍のBlog
伝説のコピーライティング実践バイブル

事例満載ですが、先ずは書き方を参考にされながら、沢山の文章を書いて行くことで自然に自分なりの文章力が身に付いて行くかと思います。

関連記事一覧