美容アカデミー SSA 第5期 round3に参加して

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日は美容アカデミー SSAに参加して来ました。

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

 

シャンプーソムリエ関川忍のBlog
本校は教育者育成の内容のためMacは必需品ですが
他地区ではMacは必要ありません

ココでは、様々なケースでサロン現場での施術内容の品質向上をする事が出来ます。

一つの技術や知識を学ぶのではなく、全て総合的に自分自身を見直す事ができます。
その繰り返しが、いざとなった時にその応用力と言いますか、現場力が発揮します。

例えば、想像してみて下さい・・・

髪に非常に複雑なトラブルを抱えたお客さんが来店
もう少し条件を厳しくすると、セミナー講師として地方へ行った時のモデルさんがそういう状況であったとしましょう。

当然サロンワークではありませんので、手元には十分な薬液がありません。
器具関係もそろっていません。

そんな中で、現在セミナー会場にあるものだけで、十分な結果を出そうと思ったら?

ここで、美容アカデミーSSAで学んだ基礎知識の蓄積と、細部にわたって日々考えるサロンワークを通して身に付いた経験と言うデータをフル回転し、そのモデルさんへ最高のパフォーマンスを試みます。

こういう時に慌てず、いつもとは違ったプロセスや薬液選定をその状況を冷静に判断し、一気に施術に入って行きます。

結果は、いつものサロンワークと同じ。

こういった、高い現場力を身につけるための学びの場なんですね。

そのかわり、実習では本当に細かなチェックが入って行きます。

つまり、毛流、骨格から始まり、スライスの角度引き出す方向、はけの使い方、薬の付け方、濡らすのか、乾かすのか、ドライの手の動き、ドライヤーを当てる方向、パネルの張り方、ゴムのかけ方、アイロンの入れ方・・・etc

シャンプーソムリエ関川忍のBlog
パネルをとるコームの使い方一つとっても、カッコいい!

基礎知識と言うとケミカル的なイメージですが、実はこういった細かな気遣いを実習ではその物理的理屈までも学んでいきます。

すると、殆ど見た目ではやっている事が変わりないように見えても、最後の仕上がりにも違いが出て来ますし、さらに1ヶ月後の仕上がりには大きな違いが出て来ます。

そんな、当たり前に美容師さんが出来なくては行けない事を色々と気づかせてくれています。
2014年からは全国にこの、美容総合力を強化するSSAベーシックが始まります。

薬液に頼りがちなアナタ、デザインやフィニッシュワークに頼りがちなアナタ、勉強嫌いなアナタ、このままで良いのかと迷っているアナタ、何かが足りない・・・ともやもやしているアナタ、心を開放し、一歩踏み出して見ませんか?

誰でも、始めは同じでした。
ただ、自分のメージしている固定概念が邪魔していたり、勇気がなかったり、信じるものがかえって邪魔をしていたり、プライドが邪魔をしていたり・・・

そういった小さな壁を捨てた時に、人って認められるし、新しい未来を切り開く一歩が踏み出せる。
そういうものじゃないでしょうか?

今の自分の知識や技術、デザイン力に満足出来ない、あのお客さんだけは何とかしてあげたい。
そういった、思いがアナタにはあるはずです。

関連記事一覧