ネットに流れる業務用品について

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

美容室専売品がインターネット上で安く売られているのって悲しいですよね。
薬局の店頭の方が未だましと思えてしまいます。

では何故沢山の美容室専売品がネットで売られてしまうのでしょうか?
色々な原因があると思うのですが、一つは次々に発売される商品サイクルの短さ。

このサイクルが短いと1~2年前に出た商品が廃盤にならない限り、市場に出荷され続けます。
メーカーさんも一度で作る量にもある程度の数量がありますので、在庫過多にならないためには安くしてでも市場へ流通させなくてはいけない場合があります。

また、それを仕入れる販売代理店でも在庫過多で、どうにかこうにか商品を現金化しなければ、お金を眠らせていると同じ、さらに美容室でも同じです。

そういうサイクルの上で、新商品もメーカーは発売時には販売代理店に大量に仕入れを起こさせるように働きかけます。

こういうサイクルがズット続く事で、美容室専売品として消化出来なくなった商品はネット業者へと流れて行く事になります。

皆、自分の会社を潤そうと考えた末の後始末がネットになっている傾向があるのも確かな事かと思います。
ですので、最低限必要な数を卸す姿勢をメーカーは考えて行かないと自分で自分たちの首を絞めているとボクは思います。

そうであれば、沢山仕入れさせて、沢山売るよりも適切な量が安定して長く続く商品のリリース。
メーカーも、販売代理店も、美容室も適切な利益を得られる商品開発や価格設定。

当たり前の事ですが、それができずにいるのではないでしょうか?
何度もネット流出を止めようとしても、一度価格が安く出てしまった商品は殆ど死んでしまっています。

ネット社会ならではの被害ではありますが、この原因はメーカーの責任が大きいでしょう。

さらに、それを積極的に行っている販売代理店や美容室、または仲介屋もありますので、全ては商品流通の管理体制が雑になっているからなのではと思います。

売上げを上げる、市場を広げるという事はビジネスとして必要な儲け方ですが、後の事を考えた商品流通を考えるべきでしょう。

ちなみに、キュベシノブシリーズは完全にMBP管理のもと、(直営店)の店頭のに出ていますので、決して安く売られる事はありません!

関連記事一覧