マイクロバブルで生還!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクの自宅には子供達が生き物が大好きなために
バッタ、コオロギ、ニホンカナヘビ、ニホントカゲ、ヤモリ、タナゴ、メダカ、フナ、金魚、インコetc・・・

様々な生き物が飼われています。
(ネコはアレルギーで飼えていません。)

そんなある日の事、どうやら水槽から勢い余ってどじょうが床に飛び出してしまっていました。
気づけば既に表面が乾燥し魚独特の照り感が無くなっていました。

身動き一つせずに既に死んでいるように見えます。
そこで、その死骸を処理しようとつかもうとすると、クギュ・・・っと動きを感じました。

まだ、そのどじょうは微かに生きていたのです。
慌てて水槽へ戻すも水面に浮かんだまま微かなえら呼吸をしている程度です。

何とか、息を吹き返して欲しい

・・・どうしよう?

そこで、ボクがとった方法は
水槽にマイクロバブル水を足す事でした。

早速、お風呂に行って、ピュアブルⅡからバケツにマイクロバブル水を汲み水槽へ入れました。

すると、突然どじょうが激しく動き水底へもぐり出しました。

あっ!元気になった・・・と思ったら、直ぐに水面にプカプカと浮かんでしまい
また動きを止めてしまいました。

その様子を見ていると、徐々に水底へ沈み、水面に浮かぶ
この繰り返しの間隔が徐々に短くなって行きました。
(20分くらいでしょうか)

これは、元気になるかな~?

そう期待しながら翌朝(夜でしたので約6時間位経過しています)水槽を恐る恐る見てみました。
だいたい、こういった場合朝まで持たない事がありますから。

すると、どじょうは元気に水底で呼吸をしていました。

マイクロバブル水は様々な効果があると色々な業界でも言われています。
特に水産業界でも色んな使われ方をしています。

その一つに死にかけた魚をマイクロバブルの水槽に入れると生返ったという事例を見た事がありましたので、それと同じ事をボクはやってみたわけです。

どんな状況でもと言う事は無いかと思いますが
うちのどじょうはマイクロバブル水のお陰で今日も元気に水槽で生きています。

関連記事一覧