組織改革の目的とは?

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

人が増えるたびに様々な組織制度に変化が必要な時があります。
1人2人でビジネスをしている時と10名、20名と組織メンバーが増えると当然暗黙の了解は不可能。

ボクも経営者として様々な組織改革をここ15年くらい経験して来ました。
そこで、一番大切な事って何だろう?

ふと思うと、やっぱり組織の思想が顧客に伝わる事。

それが、軸になるのではないかと思います。

どんなに、現場の方々が優秀であっても
それが、個人の思想であれば、成績がよくても最終的には組織の進むべき方向とはズレてしまいます。

経営者、経営幹部はもとより、営業マン、広報、事務etc・・・。
それぞれが企業思想を顧客に伝わる言動や行動をする事が組織として大切。

それをこの15年間思いそれを具現化するのに苦労して来ました。
当然、その思想に合わない方は会社を去る事もあると思います。

さらに、その思想の浸透する過程で様々なストレスも当然組織内には起こる事もあります。
しかし、そのストレスに負けて思想を曲げたり、薄めてしまうと組織自体が存在出来なくなる。

それが、今大手企業さんの経営不振が代表しているように思えます。
創業者の方の考え=企業思想として、隅々まで浸透していたころは勢いがあったために企業成長をなし得たと思うのですが、それが薄まる事で様々な問題を生じてしまうというリアルな教科書にもなっているのかと思います。

変わってはいけない、思想。
これは、時代が変化しようともそれが企業ブランド価値であって脈々と流れる血です。

ですので、その思想を濃く維持するために組織は改革されるのかもしれませんね。

関連記事一覧