頭を使うという事

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

え~っと・・・

あれ、あれ・・・

あ~出て来そうで、出てこない!!

・・・ダメだ~

最近、思い出したくてもなかなか思い出せない事があるのですが
あなたはどうですか?

この症状って、正しく脳の老化現象!

脳って、大きく分けると「前頭葉」「頭頂葉」「側頭葉」「後頭葉」の4つに分けるそうです。
そのなかで、記憶に関係しているのが「前頭葉」。

丁度、おでこから頭のてっぺん辺りの部分にある脳です。
ですので、最近物忘れが多くなって来たな~って思ったらここを鍛えると良いそうです。

そう、筋トレのように脳は鍛えれば強くなるんですね~。

では、脳を使えばいいのか?
というと、そうでもないようです。

思いを巡らせ考え事をしていたり、テレビ等を通して情報を入手しても脳は使われていません。
ですので、前頭葉を鍛えようとしても全くなんですね・・・。

では、どうしたら良いのか?
それは・・・

「読む」「書く」「計算」

この3つを行う事で脳は鍛えられ、記憶力も高まってくるそうです。
ちなみに、読むときは声を出して読む方が効果があるようです。

そう考えると、書く事はブログ、ニューズレター、メルマガ等の情報発信
計算は、薬液コントロールやヘアデザイン
読みは、本や情報検索

身近な所で沢山のトレーニングが出来そうですね!

これを、「頭を使う」と言うんですね。

関連記事一覧