オーガニック・・・でも実は違うかも?!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ノンシリコンやオーガニックがブームですがボク的に、そんなこと言っても・・・
売り出し方が巧いな~っておもう商品が山ほど市場に溢れているように感じています。

だて、原材料を調べてみればイメージ商品が多いからなんです。
よく、訴えられたりマスコミに叩かれないな~って思います。

「ウンウン、そうそう」

きっと、深く頷かれている真実を知る方がいるのではないでしょうか?

消費者の方には正しい情報がなかなか行かないのが世の常。
良くない事ですよね~。

でも、きっと様々な事情があるかと思いますが
真実を知ってしまったからには、もう残念としか思えないのが現状です。

また、一つの成分を否定的に叩きまくっているネット情報や書籍も気になります。
商品って、一つの成分では出来ていません。

配合量であったり、様々な成分バランスで商品は出来ています。
しかし、商品を作ったことがない人は一つの成分を大げさに「悪」と祭り上げ
その商品自体を全て否定してしまっています。

でも、真実を知る人は
こんな人には合わないけれど、こういう人には良いよね。

とか、毎日使うのには少し懸念があるけれど、週に1回は逆に使った方が良いんじゃない?

そんな、ご意見が出て来ています。

要するに、イメージで真実を隠す商品や、それをこれでもかって否定して気持ちよくなっている人が情報を混乱させていると思うんですね。

そして、そういう人や組織ほど情報発信が豆であったり、多額のお金を投資してイメージを市場に浸透させているのが、今の社会の醜い姿でではないでしょうか?

もう少し、買う方、使う方の身になって、情報を発信したり、商品を作ったりして欲しい。
そう思います。

特に、誰でも使える商品って以外に余分なものが入っていたりしています。

ボク的に、これからは一人一人の症状にパーソナルな対応が出来る商品開発や、使い方を情報として発信した方が良いのではと感じてます。

関連記事一覧