商品への思いを知って欲しい

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

化粧品の表示成分を見ると、その商品を作った人の意図が見えてくるものです。
「こういう効果を出したかったんだな」
「えっ!これはチョット利益目的じゃない」

そう、1つの商品にはそれぞれの思惑や思いが投影されています。

そんな中、丹誠込めて作った商品が粗末に扱われたり
安く売買されていたら・・・

ボクなら、商品が可哀想に思えてしまいます。
例えば、絵画等は作者の思いや思考を絵画に表現していますので分かり易いかと思いますが、モノでも全く同じなんですね。

その中に、商品開発の意図が間違ってしまっているものは売るのが大変です。
だから、宣伝広告にお金をかけたり、プライスダウンをスグしてしまいます。

ボクも、商品を多少なりとも作って来ましたので
絶対に粗末な扱いはして欲しくないと思います。

最近では、●●なんかにルートがあるから沢山売ってあげる事が出来ると思うから
安く卸して欲しいなんて大風呂敷を広げる卸業社の方からアプローチされるのですが
絶対にそういう所には卸したくないと全てお断りさせて頂いています。

だって、ボクの商品への思いを全然理解されていない人たちがボクが使って欲しい方へその商品を届けてくれる事はあり得ないと思うからです。

ボクは思います。

一つの商品にも価値観があって
同じ価値観を持つ消費者の方だけが、その商品の愛用者になってくれるって。

ボクは、一つのシャンプーを作りましたが
このシャンプーのお陰で人生が大きく変わりました。

そう、ボクは思うんです。
このシャンプーは、ボクの人生を豊かにしてくれる方へ導いてくれているって。

だから、一見単なるシャンプーですが
それはモノではなく「コト」を起こしてくれる意思を持っていると。

それは、ボクがまだ見ぬ方の手に渡って
その方のために、自分のやるべき事を精一杯努め、その方の人生を少しでも豊かにしようと頑張ってくれる。

だから、商品を単なるものとして扱う業社さんがボクは苦手です。
何故、この商品が生まれたのか?

作って人はどういう思いで、誰のためにこの商品を作ったのか?

商品を見る時に、少しでもそういう思いで見て頂けたらと思います。

関連記事一覧